スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ABR-1 オールド と 現代 の 比較




abr-1-2

もう、使い古されたネタで皆さんご存じだとは思いますが・・・

ABR-1 または Tune-O-Maticと言う名前の
ギブソンのブリッジについて、

カスタムショップ 2013年 の ES-335 と、
オールド 1962年の ES-330 で比べてみました。



abr-1

上が1962年製
下が2013年製

ちょっと撮影が下手で分かりにくいのですが、
1962年製の方は角を面取りして丸めてあります。
2013年製は角張っていて、省略されています。


オールドは細かい所まで手作業で配慮されていて、
カスタムショップの方はコストダウンされています。

どうでもいい部分かも知れませんが、

楽器職人の手作業でのこだわりの時代と、
現代の大量生産と効率化の時代の差ですなぁ~

いったん面取りして、後からメッキを掛けるので、
まぁ、昔はひと手間掛けたり、凄いなぁ~と思います。



(マニアックなパーツとして、再現パーツは販売されています)





※ このオールドのABR-1は、まだノンワーヤー期のもので、
   弦交換の時、サドルがすぐポロッっと落ちて紛失しそうになります^^;




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Tune-O-Matic

リッチー様
おはよう御座います。

思わず私のオービルバイギブソンのレスポールを見てしまいました。
日本の寺田楽器製ですが面取りしてあるような感じです。
最近買ったエピフォンのカジノクーペもTune-O-Maticですが
こちらは角ばっていました。

愛新覚羅

Re: Tune-O-Matic

>愛新覚羅さん いつもコメントありがとうございます。

オービル面取りしてあるんですか? それは丁寧な仕事ですね。
さらに裏側にギブソンの刻印があれば、ラッキーですね!
最近の物は面取りは省略ですよね。
訪問者数
アクセスランキング
音楽
204位
ギター
6位

  ↓ ↓  ポチッと一押しお願いします (^◇^)/

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

-アクセスランキングを見る-
プロフィール

リッチーエリックボーン・ペイジリックス

管理者:リッチーエリックボーン・ペイジリックス
ハードロック~ブルース、
生々しい70'sロックサウンドが大好きです。
1965年製 ヾ(^∇^)

ブログ更新カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去のブログ 分類
PB100 (1)
KAY (1)
SONY (7)
楽天市場
最新記事一覧
最新コメント一覧
私が欲しい 本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
にほんブログ村

ブログ内キーワード検索

Instagram
Twitter
リンク
私が欲しい Blu-ray DVD & CD ギター

 <発売中!>

<パープル 12/2発売>

<ストーンズ 12/2発売>

<クラプトン 9/30発売>

<ジミヘン 9/30発売>

< LED ZEPPELIN>

私の気になる etc...
このブログの人気ページ
Visitors
free counters