GIBSON ES-330 パート2


しつこく Gibson ES-330 1962年製 チェリーの 第2弾 です。

ES-330-2-0_s
ES-335 (上) ES-330 (下) のツーショット
ボディサイズは同じです。
重量は3.5kg と 2.5kg で1kg違います



ES-330-2-1_s
↑ ES-335TD 1959 メンフィス・カスタム2013年製
   ボディのカーブは上手く、再現してますね~
ES-330-2-2_s
↑ ES-330 1962年製 同じプレス機を使っているそうですが、
   白く光っている、立体感のある部分の形状が違います。
   復刻版は、さんざんプレスして金型がヘタったのかな?



ES-330-2-3_s
ES-330 トップ
ES-330-2-4_s
ES-330 バック



ES-330-2-5_s
16フレットジョイントの為、指が20フレットまでしか届きません。



ES-330-2-6_s
ピックガード先端の下にスペーサーが見えます。
  P-90ドッグイヤーの都合で設定したのでしょう



ES-330-2-7_s
エルボー側のFホールの中にオレンジラベルは無く、
  "ES-330TDC” とスタンプ



ES-330-2-8_s
コントロール ノブ 透明部分が若干の琥珀色



ES-330-2-9_s
ブリッジ下のエレベーション ナット は補強の為、通常は2段仕立て
ABR-1のノンワーヤーは62年が最終年です。
 弦交換でポロッとサドルを紛失するのでフルオリは困難です。



ES-330-2-10_s
ブランコ・テールピースのお陰かサスティーンが少ない気が・・・



ES-330-2-12_s
この頃のトップは、メイプル/マホガニー/メイプルのはず・・・



ES-330-2-13_s
ブラックビューティーが見えます。



ES-330-2-14_s
トップのカーブが美しい さすが、ギブソン 当時のお家芸
ポジションマークはべっ甲柄ですが、かなり黒っぽいです。



ES-330-2-15_s
この頃のトラスロッドカバーは「ローラー跡」がありません。



ES-330-2-16_s
それほど薄すぎず、弾き易いネックです。



ES-330-2-17_s
マッチレスで弾いてみたのでありました~

クリーンはええ音でした~。 意外とハウリにくいかも・・・



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トップのアーチ

リッチーさん
おはよう御座います。

またまた興味深い記事ですね。
トップのアーチはこうやって比較するとわかりやすいですね。
プレス機が同じであるなら木の硬度の個体差かプレス時間
の可能性がありますね。

愛新覚羅

No title

リッチーエリックボーンさんのブログは、私には悪影響です。
拝見するとヴィンテージギターが欲しくなります(笑)。

なるほど、P-90の両端の出っ張りはドッグイヤーと言うのですか。
知りませんでした(^_^;)
しかしマジェさんと言いリッチーエリックボーンさんと言い、P-90が最近ブームなんですか?(笑)
ちょっと興味がわいてきたのですが、P-90搭載でお勧めのギターは、やっぱりコレですかね?

Re: トップのアーチ

> 愛新覚羅さん いつもコメントありがとうございます。

形状が全く同じはずではないのは承知でしたが、
さすがの本家でも、トップのアーチは完全コピーには至って無かったです^^;
プレス時間でも違ってくる可能性があるんですね。なるほど・・・
そう簡単には、偽物は作れないって事ですね(笑)

Re: No title

> Joeさん いつもコメントありがとうございます。

ヴィンテージは味があっていいですね。
本気で弾くにはフレットに手を加えないとダメですが・・・

私には、ストラトは音が細すぎてP-90の方が音作りし易いです。
クリーンも良いしクランチがハマれば最高なサウンドです。

P-90ならSGやLP のスペシャルが代表作ってとこですが、
ヴィンテージの場合はLPやSGの Jrの方がいい音するそうです。
自宅だとフィードバックしないのでES-330も候補です!
Gibsonは 1957年以前のエレキのほとんどがP-90でした^^;

No title

こうやって並べてみると違いがよく分かりますね~( ゚д゚)
ヘッドの角度も335の方が深くないですか?
ネックの取り付け位置もこんだけ違うんですね~
こりゃハイフレットを弾くのに難儀しそうだわ^^;
実のところ、一番「おっ!?」と思ったのは一番最後の写真、「MATCHLESS」のアンプだったりするんですけど~キャビもヘッドもめちゃデカくないすか?
これ何てモデルなんですかね?どんな音するんだろ~めっちゃ気になる~!!
あ、今回の主役は330だったっすね( ゚д゚)
クリーントーンで音量控えめだとハウりは判別不能ですね。うちの小屋で爆音出してみますか~?( ̄ー ̄)

Re: No title

> マジェさん いつもコメントありがとうございます。

ヘッドの角度は写真の撮り方が悪く、どちらも同じ17度でした。
ハイフレットはジミヘンも使わないので良しとしてます^^;なんて

さすがマジェさん「MATCHLESS」に気付いて頂けました~!?
「Super Chief 120」と言う120wでCharさんが使ってるモデルです。
サイズもマーシャル並にデカイです。

これ、近所のスタジオの機材で、爆音で鳴らしてきました。難聴になりそう~
結構キンキン・ジャリジャリする攻撃的なサウンドでツワモノでした^^;
ES-330のマイルドトーンなら、丁度中和されましたよ。
でもやっぱり、今のところFENDER,MARSHALLの方が好みデス・・・
こんどVOX AC-30 と MATCHLESS DC-30 も試してきます^^

Char

そうだそうだ。どこかで見たような気がしてたんですよ~^^
Char師匠が使ってるやつと同じやつですか~
てことはロゴが真空管の灯りで怪しく光るんですよね?
確かに、Char師匠のLIVE音源とか聴くと「カリカリ、ジャリジャリ」てな感じの硬い音してますね~。
ヘッドの角度は同じですか。写真の取り方で結構違って見えるもんですね~。そう言えば、335のダブルカッタウェイでも同じような現象があったような^^;

Re: Char

> マジェさん こんばんは!

そうなんですよね~ Charさんは他にDC-30もつかってるんですよね~
マッチレスはVOXがお手本になってるとか・・・
暗がりでロゴがあやしく光りますよね。
よくレスポンスが早いと言われてますが、鋭い、エッジのある音です。
でも、聴きなれたブルージーな古い音が好きなので、戸惑いました^^;

いい音しそう

改めて見ると、セミアコは芸術品であることが再認識できますね、LPとは、全く別な世界を感じます。
プレスは、相手が木なので、1本1本違うというのは、想像に難しくないかもしれませんが、良いギターに出会えて良かったですね。
今後、私もセミアコも手にしたいなあと思いますが、もし買うなら、出来るだけたくさんのお店に足を運んで、好みのギターを選定しないと個性が強そうです。

Re: いい音しそう

> ぶりさん いつもコメントありがとうございます。

60年代頃のセミアコはギブソンの独壇場ですよね。
美しくて、カッコイイです。
335はソリッドに近いし、330はP-90なので風変りです。
私は、どちらにするか悩んだので、両方いっちゃいました^^;
ぶりさんなら、やっぱりラリーカールトンと同じ335でしょうか?

No title

いやー、こんなの見ちゃうとホントに欲しくなりますね。

335の1963年製とかだと、前に見たのは250万円ぐらいの値段がついてました。
高いといえば高いけれど、バーストのレスポールに比べればそうめちゃくちゃでも
ないですよね。(どっちにしても買えませんけどね。)

利殖のためとか言い張って買うか。まぁ、無理だな。(笑)

Re: No title

> テイルピースさん いつもコメントありがとうございます。

335は高いですねー!63年はクラプトン愛用で特に高いですね^^;

バーニーマースデンが自身の65年の335を弾いてるんですが、
https://www.youtube.com/watch?v=DSBnYv_BmiQ
こういうの見ると、年式を落としてでも欲しくなっちゃいますね!

セミアコ

ビートルズに夢中だった頃、カジノを我慢して、
リトナー、カールトンをコピーしまくった頃でさえ、
335をスルーしていて、独身のうちに買えば良かったです。

ジョンが使ったカジノが、20万円で売っていたときでも、
使い古しが、何で新品より高いんだろうと静観していて、
買っていたら、ものすごいプレミアになったろうにと、
オールドやヴィンテージの知識がなかったのを後悔です。

Re: セミアコ

> ギターマジシャンさん いつもコメントありがとうございます。

カジノ、335は人気があって、魅力的ですよね。
335はボディがレスポールより大きいので、
そこだけ慣れると新品ならすごく弾き易いです。
330はネックが近いのでボディの大きさは感じられません。
新品もかなりオススメですよ♪

ヴィンテージもリフレットしたものは価値は下がるので、
将来的には、まだまだねらい目ですよ♪
訪問者数
アクセスランキング
音楽
210位
ギター
8位

  ↓ ↓  ポチッと一押しお願いします (^◇^)/

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

-アクセスランキングを見る-
プロフィール

リッチーエリックボーン・ペイジリックス

管理者:リッチーエリックボーン・ペイジリックス
ハードロック~ブルース、
生々しい70'sロックサウンドが大好きです。
1965年製 ヾ(^∇^)

ブログ更新カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
過去のブログ 分類
PB100 (1)
KAY (1)
SONY (7)
楽天市場
最新記事一覧
最新コメント一覧
私が欲しい 本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
にほんブログ村

ブログ内キーワード検索

Instagram
Twitter
リンク
私が欲しい Blu-ray DVD & CD ギター

 <発売中!>

<パープル 12/2発売>

<ストーンズ 12/2発売>

<クラプトン 9/30発売>

<ジミヘン 9/30発売>

< LED ZEPPELIN>

私の気になる etc...








[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Lovepedal Champ
価格:22464円(税込、送料別) (2016/11/24時点)




サウンドハウス FFM3 Fuzz Face Mini Hendrix
Fuzz Face Mini
サウンドハウス
9,980円

ピザハットオンライン

クロックス オンラインショップ

≪公式≫エディー・バウアー オンラインストア

サウンドハウス  iTunes Music Store(Japan)



Sony Music Shop

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

Sony Style(ソニースタイル)
このブログの人気ページ
Visitors
free counters