Gibson Custom Shop Collector's Choice #15 1958 Les Paul Greg Martin Aged Double Dirty Lemon


とうとう買ってしまいました

ギブソン・コレクターズ・チョイス・レスポールです。

2013年仕様で、
  チューブレス・トラスロッド、ロングスタッド・アンカー、
   ネックジョイントにかわ接着、セルロースインレイ、アニリンダイ、
    セルバンディングのアンティークカラーなど。


CrazyParts - Art of Aging 改造はこちらからどうぞ

   (写真をクリックして頂けると、少し大きな写真になります)


LP-CC-1_x_xx

色はダブル・ダーティ・レモン。  完全見た目重視です。

 ※ AGEDモデルに使用されるTOP材は決まっているそうです。

 ※ ケースだけ50年代の本物を使って撮影しました。



LP-CC-15_s
 ギターを立てると、メイプルのトラがけっこう消えます。



LP-CC-2_s

ネックはジェニュインマホガニー(中南米産)との表記。
ボディも、ジェニュインマホガニー?のようです。

エイジド・仕様。 さすが、仕事が上手い
 カスタムショップにはエイジド職人は2人位しか居ないそうです。




LP-CC-11

 右ひじが当たる部分のエイジド加工。
     最近、エイジドでのトレンドです。



LP-CC-3_s

ヘッドの金色のレスポール・ロゴはエイジドで殆んど消されています。
  突き板は、ひいらぎ(Holly Wood) を使用。

ブッシュとトラスロッドカバーの再現はもう少し頑張ってほしいです。



LP-CC-17_s

  2013年より、チューブレス・トラスロッドへ変わりました。

  ナイロンナットは真っ白過ぎで、見た目の再現性は低いです。
  デルリンはホルムアルデヒドで出来ており使用を避けてます。



LP-CC-4_s

1958年のタイプですが、このネックは若干薄めです。
  59年と60年の中間で、肉厚感は充分あります。

  ネックに塗装はげやキズが有りますが、違和感は無いです。
   この位のキズでビビってたら、ヴィンテージは弾けません



LP-CC-7_s

1950年代当時と同様のアニリンパウダーを使用したレッドフィラー
  がとても雰囲気のあるカラーに仕上げられています



LP-CC-5_s

 バックル傷はちょっと大雑把?



LP-CC-6_s

ボディ裏側・・・角のエイジドがリアルです。
  ジャックプレートは、何故かエイジドされていません・・・
    本人モデルが新品交換されているのを再現?



LP-CC-16_s

キャビティ内は、まだ完コピされていませんね~。

コレクターズ・チョイスのシリアルはダブルネームです。
 なんと ギブソン職人の打刻ミス発見 x 8 8756 ○8 6756

 ピックアップのシールドはヴィンテージと同じ2本編みへ改良



LP-CC-8_s

ピックアップは「カスタムバッカー・アルニコ3」 x 2
 クラプトンのレスポールBeanoでも採用されました。
  暴れるバーストバッカーよりも音像がタイトで、高域寄りです



LP-CC-13xx_s

  ピックガードを外すと、その下にはチェリーの色が・・・
     トグルスイッチプレート下にも、同じ処理が施されています。
       かなりのマニアックさです。

  分かりにくいですが、指板のインレイも黄ばんだエイジド加工



LP-CC-12

ロング・スタッドボルト、ネジ溝のエイジド処理
    ボルトは鉄製、テールピースはアルミです。

手汗の腐食や強度から考え抜かれたABR-1は亜鉛ダイキャスト、
 サドルはブラス、鉄のスタッド、ブラスのソーサーから成ります
  弦が鉄なので、この素材関係に50年代から確定し、凄いです。



LP-CC-14_s

 鑑定書左に貼り付けましたピックガード上のGIBSONロゴは
  以前の粘着シールから、静電気で付くビニールに改善。



LP-CC-10_s

 ボディバックは、
  ヴィンテージのホンジュラス産に似てるが、やっぱり違うなぁ~



LP-CC-9x_s


カスタムショップのレスポール58を初めて所有しましたが、
さすが、1~6弦までの生鳴りがアコースティックに良く鳴っています
ギブソンのアコギのソリッド・ボディ版みたいです。
そして、弾き易いネックとフレットです。


対する私のレギュラーのレスポールは生音も鳴りきらず詰まった感じ
エレキはアンプに通してなんぼなので、一概には言えませんが・・・
でも、少なくともクリーンの微妙なタッチでは反応に差が出ます。


ただ、エイジドだから音がいいとかは「都市伝説」かなと思いました。
特別に高額なモデルは良い木をセレクトして使っていると思います。

それと、カスタムショップのネックの職人もたった2人位なので、
ヒスコレのどのモデルでも、一定の品質だと思います。(たぶん・・・)


レスポールを弾いてみて、改めて、タイプの違う
     メンフィス ES-335TD 1959 の凄さも再認識しました。




Collector's Choice #15 Greg Martin 1958 Les Paul

Top : Hand-Selected Eastern Maple Top
Back : 1-Piece Lightweight Genuine Mahogany Body
Neck : 1-Piece Genuine Mahogany Neck with a Maple Spline
Adhesive : Franklin Titebond (Body)
     Hot Hide Glue(Neck)
Fingerboard: Rosewood Radius 12" with Reissue Fret Wire
Inlays : "Original Style" Aged Nitrocellulose
Side Dots : Tortoise Side Dots
Nut : Nylon (Gibson PLEK System)
Headstock : Holly Head Veneer
Tuners : Kluson Deluxe Green Key
Bridge : ABR-1 Tune-o-Matic
Tailpiece : Lightweight Aluminum
Strings .010 - .046
Pickups : Custom Bucker(Alnico III)
Finish : Aged Double Dirty Lemon Burst,
   with Historic "Vintage" Aniline Dye Back and Sides
Case : Custom Shop Hardshell

定価は ¥780,000(税抜)だって


LPCC#15-6








関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うわっー

ヤバイ代物を手に入れましたね。(^^ゞ こんなん、自分も欲しいんですよね~。
昔はジミー ペイジのレスポールに憧れ、最近はゲイリー ムーアのレスポールに憧れてます。

いやー、とにもかくにも入手おめでとうございます。(^.^)

Re: No title

> テイルピースさん

ありがとうございます! 思い切っていっちゃいました^^;
はじめ普通の58年でいいかなぁ~って思っていたんですが、
つい、勢い付いてしまいましたv-356
テイルピースさんも是非いかがでしょうか?

No title

私もですか? いやいや、先立つものがね・・・。(^^ゞ

よく見たらケースもちゃんとエイジドされているんですね。(驚)

Re: No title

> テイルピース さん

申し訳ございませんm(_ _)m ケースは演出で、53年GTのケースです。
純正のケースでは、雰囲気が足りませんでした^^;

ヒスコレの、LP、SG、335どれもが、良いですよ! 是非。

エイジド

リッチー様
こんばんは。

よくもまあビンテージ感が出せるものですね。
そしてよくもまあ買う人がいるものですね。
価値のわからない人にはボロボロギターだから安かったのでは
と思えるでしょう。
なにかケースまでエイジドになっているような感じですね。

愛新覚羅

Re: エイジド

> 愛新覚羅さん

いつもコメントありがとうございます。

そうなんです。ボロボロだから安かったと言う言い訳をしたことがあります(笑)
これは、特撮の映画や、テーマパークなど、エイジングアートの世界ですね!
楽器とは全く違うジャンルとのコラボのマーケットです。
買う人が居るから、付加価値がつけられるんですよね。
これケースだけは50年代の本物なんです^^; 紛らわしくてすみませんでした。

No title

良いですね!
見た目は本物の1958年製と見分けがつかない感じで、
MixポジションでJimmyPageっぽいTelecasterっぽい音がでるのかんかな!?って色々想いは膨らみます。
鳴りが良いということは重量は軽めでしょうか?
当時はピックアップは手巻き作業で巻数も厳格に規定通り管理されてなくて、作業者のオバちゃんの気分次第で個体差が出てで、
歪みやすい、高音寄り、等などモノによって出音が違うって聞いたことがありますが、この個体は如何でしょう?
ん〜音が聴いてみたいです。
また比較音源アップお願いします。

Re: No title

> よねちゃんさん
いつもコメントありがとうございます。

初めてのヒスコレのレスポールですが、
音もよく伸びるのでチョーキングが気持ち良いです^^

ピックアップが従来のバーストバッカーとは、けっこう違う音です。
ピックアップって、イコラーザーみたいなものかな?とも思いました。
パワーも落としてありますので、タイトで歯切れが良いです。
以前より、上級者向けのセッティングなんでしょうか?

重さはちょうど4kgで、さほど重いとは思わない程度でした。
MixではJimmyPageっぽいクリーンが出そうですが、
さすがに、Telecasterっぽい音は私には中々出せませんでした^^;
いつか、比較音源を出せればと思います。

最高のLPですね

> とうとう買ってしまいました
> ギブソン・コレクターズ・チョイス・レスポールです。

ご購入おめでとうございます。
このコレクターズチョイスは色目、木目等、特別最高ですね。
音のご紹介も楽しみにしておりますね~

Re: 最高のLPですね

> ぶりさん いつもコメントありがとうございます。

レスポール、ついにGETです~
上を見ればキリがないので、この辺で手を打ってみました^^
音の方も、紹介できたらと思います。

No title

どさくさに紛れて、いってしまいましたか!
ってことは、これまでのヒスコレ欲しいアピールは、この記事の前振り?(笑)

良い色合いですね~ 塗装のひび割れ具合もグッドです。
エイジングも、これくらいがちょうど良いのではないでしょうか。

生鳴りが良いということは、材質と造りが良いってことですよね。
一度でいいから弾いてみたいです(^_^;)

ホントにリッチーエリックボーンさんのブログは悪影響です(笑)。

Re: No title

> Joeさん いつもコメントありがとうございます。

ご指摘は大当たり、全くその通りです!
どさくさ紛れ、既成事実、イケイケラストスパートです^^;
選択の時間はあまり無かったですv-356

生鳴りは、良いですよ~。ヒスコレでハズレは無いのでは?と思います。
一度、お近くのショップで弾いてみてくださいね!
クラシック・ロック・サウンドです。

トラ目

昔のレスポールの、しつこくない(?)トラ目という感じで、すごく美しい色合いですね。

傷や、へっこみの再現は、あまりにマニアックすぎて、クラプトン・モデルの焦げ跡と同様に、そこまでやるのかと、驚きです。

それにしても、これ一本で、自分の持っている十数本のギターが、楽勝で買えてしまうわけで、上を見ればきりがないのでしょうが、近年の価格設定には驚くばかりです。

軍資金もさることながら、増え続けるギターには、家族の理解が欠かせないので、その点でも、うらやましいです。

比較音源を楽しみにしています。

Re: トラ目

>ギターマジシャンさん
いつもコメントありがとうございます。

普通の58年型を買うつもりが、せっかくなのでこれにしてみました^^;
日本人のマーケットを意識したマニアなモデルです。
このシリーズ、結構売れてて、ヒット商品のようです。

私の場合も例外ではなく、家族から理解があるはずもなく、
ヴィンテージギターを手放し、軍資金にしていますよ♪

No title

格好の良いヒスコレ物ですね!

重厚な雰囲気が、良いです

Re: No title

> ボロカブサムライさん
いつもコメントありがとうございます。

そこそこ雰意気のある、それっぽいのを選んでみました。

サウンドはピックアップのせいなのか、ちょっと独特です。
クリーンはツヤツヤです。PRSでも同様の事を感じました。

これ以上ヒスコレレスポールが増えない事を願っています^^;

No title

凄い品ですね。
パッと見、ジミーペイジを連想します。
生鳴りが良いと言うのは、ボディー表面のラッカーが乾いたように処理してるからでしょうか?
ラッカーの乾きによる音の変化、本当のところはどうなんでしょうね?
それにしても、見ごたえのある一本ですね。
羨ましいです。

Re: No title

> rimixさん
いつもコメントありがとうございます。

私もジミーペイジっぽいなぁ~と連想しました。

ラッカーは薄い方が鳴りは良いらしいのですが、驚くほどの薄さではありません。

生鳴りですが、
このギターは、弦の振動でネックは当然振動するのですが、ボディも軽めなせいか、
アコースティックギターのようにボディ裏まで振動してるのをお腹で感じます。
ネックとボディの接合の剛性も高く感じ、よく響くように思います。

訪問者数
アクセスランキング
音楽
168位
ギター
5位

  ↓ ↓  ポチッと一押しお願いします (^◇^)/

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

-アクセスランキングを見る-
プロフィール

リッチーエリックボーン・ペイジリックス

管理者:リッチーエリックボーン・ペイジリックス
ハードロック~ブルース、
生々しい70'sロックサウンドが大好きです。
1965年製 ヾ(^∇^)

ブログ更新カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
過去のブログ 分類
PB100 (1)
KAY (1)
SONY (7)
楽天市場
最新記事一覧
最新コメント一覧
私が欲しい 本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
にほんブログ村

ブログ内キーワード検索

Instagram
Twitter
リンク
私が欲しい Blu-ray DVD & CD ギター

 <発売中!>

<パープル 12/2発売>

<ストーンズ 12/2発売>

<クラプトン 9/30発売>

<ジミヘン 9/30発売>

< LED ZEPPELIN>

私の気になる etc...








[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Lovepedal Champ
価格:22464円(税込、送料別) (2016/11/24時点)




サウンドハウス FFM3 Fuzz Face Mini Hendrix
Fuzz Face Mini
サウンドハウス
9,980円

ピザハットオンライン

クロックス オンラインショップ

≪公式≫エディー・バウアー オンラインストア

サウンドハウス  iTunes Music Store(Japan)



Sony Music Shop

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

Sony Style(ソニースタイル)
このブログの人気ページ
Visitors
free counters