ジミヘン 新作?ライブ Miami Pop Festival

The Jimi Hendrix Experience のオフィシャル盤リリースです。
2013/11/5発売

1968年5月18日にマイアミ北部のガルフストリーム・パークで行われた
マイアミ・ポップ・フェスティヴァル

メンバーは
ジミ・ヘンドリックス(ギター)25才
ノエル・レディング(ベース)22才
ミッチ・ミッチェル(ドラムス)20才

3人ともお亡くなりになってますが、1968年の演奏は絶頂期と言われています。

【背景】
3rdアルバム「エレクトリック・レディランド」のレコーディングを一旦中断し
エディ・クレイマー(26才)をマイアミへ派遣し、オフィシャル録音を前提としたライブです。
プロデューサーのチャスチャンドラー(29才)はジミの取り巻き等に愛想を尽かし直前に辞めています。

マイアミの後、イタリア、ミラノ、ローマ、ボローニャ、チューリッヒへ遠征し、
すぐニューヨークへ戻るとジミは例の「PPX契約」の公判に出廷してゴタゴタしつつ、
レコーディング作業を進め、バディ・マイルズ(20才)がスタジオによく来るようになり、
ジミとジャムセッションを繰り返しながら作曲の為に延々と録音しまくります。

初期メンバーとは溝も出来始め、3rdアルバムは新旧入り混じりのメンバーで完成を迎えます。
その後、ジミ主導では1970年9月に亡くなるまでに4thアルバムを完成させることは出来無かった。




この「Foxy Lady」 単調なリフですが、ジミヘンのギターで単調で無くなります。
リズム隊も含め、絶頂期の生々しい演奏が素晴らしい~

『Miami Pop Festival』
1. Introduction
2. Hey Joe
3. Foxey Lady
4. Tax Free
5. Fire
6. Hear My Train a Comin'
7. I Don't Live Today
8. Red House
9. Purple Haze
10. Fire (bonus performance)
11. Foxey Lady (bonus performance)

このライブのドキュメンタリーDVD
『Jimi Hendrix: Hear My Train A Comin'』も発売されるとのこと
マイアミのライブ映像は一度盗まれているので、再発見されたのでしょう。


マイアミのライブパフォーマンスで燃やしたストラトは、
その後フランクザッパの手に渡り、修理して使用したそうです。


2013-7-17 ニューヨーク


オリアンティの今年のライブでアリスクーパーを迎え
ジミヘンの「Foxy Lady」を演ってます。




2013/11/5発売



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

jimiの曲って、コード進行的に捉えれば単調な繰り返しの曲が多いのですが、そこに独特なリフやテンションが入りジミヘンワールドが展開されますよね~それにキッチリとした正確さが無くて不安定なのに曲全体としてはまとまってしまう・・・音符やリズムを追いかけるだけでは真似ができない、まさに天才技だと思います。
FoxyLadyのカバー、バンドでもやってみたいですね~。お遊びで最初のリフのとこはやったりしますが、真剣には取り組んでません^^;プロのミュージシャンがカバーしてるやつでは、ZZ-TOPのFoxyLadyが好きですね~^^http://youtu.be/vtphcGUAOmc

ジミヘン・・・やっぱり凄いですね!

ジミヘンはどれを聴いても凄いですねえ・・・
それにしても、もし御存命であったら・・・どんな世界を見せてくれたのでしょうかねえ・・・

あ・・・アリス・クーパーですね・・・
さすがに、乗りが「オヤジ化」してますね・・・
このルックスだったら・・・オリアンティーよりジェニファー・バトンと共演した方が良いかも?

カバーと言えば、レナード・スキナードのライブ盤に入ってる「クリーム」の「クロス・ロード」がエグイですね・・・
何か変化するのかと思って聴いていると・・・何と!「完コピ」ですからねえ!
あそこまで一音も変えずにコピーされると逆に「感心」してしまいます。

No title

ジミヘンは確かに彼独特のものがありますよね。
上手いとか下手だとかそういう単純なくくりではとても表せないものですね。

なんでもそうなのかも知れませんが、予定調和よりもスリリングなほうがカッコエエです。(^-^)

Re: No title

>マジェさん いつもコメントありがとうございます!

単調な曲でも、独特な奏法で個性的な演奏になってますよね!
ジミヘンの独特な間が絶妙です!なかなか真似できません^^;

ZZ TOPもFoxyLadyをカバーしてたんですね!
これまたタイトですね! バンドカラーです。ジミと対照的です。
フィードバックや、最後のスクラッチもきっちりコピーしてますね。
ジミヘンが認めた当時の若手?ですもんね。ZZ-TOPは大好きです。

Re: ジミヘン・・・やっぱり凄いですね!

>mud-muddy さま いつもコメントありがとうございます!

ジミヘン凄いですね! スーパーロックギターリストのパイオニアですね。
今も居たら、ヘビーメタルやフュージョン何でもやっていたんでしょうか?

ジェニファー・バトンは速弾きがすごいですね。見た目が男性のようです^^;

レナード・スキナードの「クロスロード」コピーしてたんですね。
ほんと完コピですね! 迫力があってさすがの演奏ですね。

Re: No title

>テイルピース さん いつもコメントありがとうございます!

ジミヘンは個性があって、勢いがあって、優しさも感じます。
「ラブ&ピース」の人ですよね^^
2度と同じ演奏はできないバンドは、とてもスリリングで、カッコエエですね!

No title

こんばんは♪

ご無沙汰しています。やはりジミヘンは最強のブルースギタリストですね!
凄い、表現力、ソウルフルな歌と曲、アレンジ、これ以上のブルースロックは無いです



Re: No title

> borokabu さん
ご無沙汰してます。 コメントありがとうございます。

ジミヘンは最強のブルースギタリストですね!
強烈でした。今見てもかっこいいですよね。
私は、どちらかと言うとこの初期メンバーの演奏が好みです。
マイアミの音源やライブ映像にも期待です。

No title

マイアミのライブパフォーマンスで燃やしたストラトは、
その後フランクザッパの手に渡り、修理して使用したそうです。

間違いです。マイアミではなくモンタレーのライヴパフォーマンスで燃やしたストラトです。
ザッパがワウペダルをプレゼントした御返しらしいですが。
その後、ザッパ所有のストラトはオークションで落札され、ミュージアムの展示品になったそうです。

Re: No title

> ザッパフリーク さん コメントありがとうございます。

アレレ?間違ってましたか??すいません^^;
ご指摘ありがとうございます。また遊びに来てくださいネ。
訪問者数
アクセスランキング
音楽
210位
ギター
8位

  ↓ ↓  ポチッと一押しお願いします (^◇^)/

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

-アクセスランキングを見る-
プロフィール

リッチーエリックボーン・ペイジリックス

管理者:リッチーエリックボーン・ペイジリックス
ハードロック~ブルース、
生々しい70'sロックサウンドが大好きです。
1965年製 ヾ(^∇^)

ブログ更新カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
過去のブログ 分類
PB100 (1)
KAY (1)
SONY (7)
楽天市場
最新記事一覧
最新コメント一覧
私が欲しい 本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
にほんブログ村

ブログ内キーワード検索

Instagram
Twitter
リンク
私が欲しい Blu-ray DVD & CD ギター

 <発売中!>

<パープル 12/2発売>

<ストーンズ 12/2発売>

<クラプトン 9/30発売>

<ジミヘン 9/30発売>

< LED ZEPPELIN>

私の気になる etc...








[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Lovepedal Champ
価格:22464円(税込、送料別) (2016/11/24時点)




サウンドハウス FFM3 Fuzz Face Mini Hendrix
Fuzz Face Mini
サウンドハウス
9,980円

ピザハットオンライン

クロックス オンラインショップ

≪公式≫エディー・バウアー オンラインストア

サウンドハウス  iTunes Music Store(Japan)



Sony Music Shop

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

Sony Style(ソニースタイル)
このブログの人気ページ
Visitors
free counters