スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンブルビー と ブラック・ビューティー を比較してみました。


ギターマニアネタです。

BlackBeauty1_s

「50s バンブルビー」 と 「60s ブラックビューティー160P」 です。

Black Beautyは .022 では無く、 .033  400v ですが、
 今も新品が存在し、簡単に入手できるのには驚きます。


ヴィンテージ・ギブソンのコンデンサーとして有名で、
高級オーディオのマランツやマッキントッシュにも使われていて、
評価が高く、とても高価です。


バンブルビーの方が、しっとりとしたサウンドだとか・・・
でも、湿度に弱いらしく、日本ではツライ環境かも。

ブラックビューティーはモデルチェンジ後のコンデンサーで、
湿気対策を施した?そうな。


音源比較をしてみます。
BlackBeauty4_s
ギターはGIBSON Les Paul Studio 50s Tribute Gold Top改造です。
   アッセン総入れ替えで、ヴィンテージP-90を搭載し、
   チャンバーボディなので少しウォームなサウンド。
   全てリアピックアップ、GuitarRig5proで弾きました。

トーンは全開の「10」ですが、「10」でもコンデンサは通過しています。
 どちらも、絞ってもモーモーサウンドでは無いです。


バンブルビーの場合の音。 (見えない所は仕上げが荒い!)
BlackBeauty2_s

低~高域まで抜けが良いとか。高域がよく出ると言われます。

これは当時オルガンで使われていた中古のコンデンサーです。


ブラックビューティーの場合の音(付け替えました)
BlackBeauty3_s

中、低域がブーミーだとか。中域が良く出るそうです。

これはデッドストックのコンデンサーです。


( 比較して )
どちらも好みの音です。サウンドは、すごく似ていますネ。

ブラックビューティーの方は容量が.033のせいか、
弾いていると多少超高域部分の倍音が少なく感じ、逆に
バンブルビーはピッキングハーモニックスが良く出る気がします。

個人的に、バンブルビーの方が少し弾き易い音でした。

ただ、サウンドはブラックビューティーの方がワイルドに感じました。




みなさんは、どう感じられましたか??




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

TONEを10にしてもコンデンサで音が変わるというのは聞いた事ありましたが、不思議に思ってました。 こうやって同じギターで比較していただければ納得出来ます。 
どちらも良い音ですが、個人的にはバンブルビーの方がビンテージっぽい旨みが出ていて、好みな感じでした。 コンデンサも経年変化があると聞きますが、今回のはどちらもビンテージでしょうか?

No title

今夏の音源もどちらも良い音ですね!
前者のほうがブルースっぽい感じ、後者のほうがモダンな感じ、
そんな風に感じましたが、私の耳などあてになりませんね。

Re: No title

> ゴルッテリアさま
いつもコメントありがとうございます!

バンブルビーの方がヴィンテージっぽい音ですよね!
初めて、コンデンサーの比較ができました。以前から気になっていました。
ギブソンは全て.022なので、片手落ちの比較でした^^;

どちらもヴィンテージのコンデンサーで、
バンブルビーはオルガンに使われていた中古で、ブラックビューティはNew Old Stockなので、
経年変化の差もありそうです。

Re: No title

> よねちゃんさん
いつもコメントありがとうございます!

前者のほうがブルースっぽく、後者がモダンな感じですよね。
やっぱりバンブルビーの方が、高域の倍音が出て、
ブラックビューティーはデッドストックだから元気な音なのかも知れませんね。

このギターは丁寧に改造しているので、愛着がわいてきました^^
よねちゃんさんの音作りはいつも素晴らしいですね!

No title

本題よりレスポールのザグリの削りが粗いのが気になってしまった^^;
バンブルビーの方が暖かくて大人な感じの音ですね。倍音はこちらの方が気持ちいい感じがします。BLUESとかJAZZ向き?
対してブラックビューティーは現代的ですね。メタル系とか歪みを重視する系統の音楽ならこちらかな?
俺の好みはバンブルビーですね~^^

Re: No title

> マジェさま いつもコメントありがとうございます!

このレスポール、このザグリは荒いですネ^^;
フレットや指板の面取り、ネックシェイプやナットも加工が甘いです。

マジェさんもバンブルビー派ですか。 やはり値段だけの価値はあるんでしょうか。
ブラックビューティーは比べると現代風ですね。

他のコンデンサーともそのうち比較してみて、
もっと安くて、良いものを見つけたいです。

どちらも良いです

もともとのセッティングと、ピックアップの性能なのでしょうが、
どちらも良い歪み方と、適度なこもり具合で、良い音してます。

あまり違いはわかりませんが、ピッキングハーモニクスの時に、
バンブルビーの方が音が出ているようで、それでも微妙ですね。

マニアック街道まっしぐらで、サウンドもルックスへもこだわって、
これからも、どんどん新ネタが出てきそうで、楽しみにしてます。

Re: どちらも良いです

> ギターマジシャンさま
いつもコメントありがとうございます!

サウンドの方はGuitarRigに助けられています^^ほぼプリセット音でした。
コンデンサーは一度違いを知りたかったので、これで少し満足しました。

マニアック街道大好きなので、またお付き合いよろしくお願いいたします。

良い音

両方共に良い音で、甲乙つけがたいですね。

バンブルビーの方が、中高域中心なので、綺麗な音(フュージョン向)に感じました。
ブラックビューティーは、パワーコードが似合いそうですね。

Re: 良い音

> ぶりさま
いつもコメントありがとうございます!

バンブルビーは中高域が出て、フュージョンにも合いそうですね!
ブラックビューティーは元気な音で、どちらも良い感じですね。
傾向が少しわかって勉強になりました^^

No title

私もブラックビューティー0.022uF400Vのストックが1セットあるので母体選びの参考にさせていただきます。
レスポール系はビンテージバンブルビーに変更しましたので、私の候補はエピフォンカジノです。
BlackBeautyは艶があって良いですね。

Re: No title

> gentlesato さま
こんにちは!

ヘタな演奏お聴きいただきありがとうございます!
少しでも参考にして頂ければ、記事にした甲斐があります。

ブラックビューティー0.022uF400Vお持ちでしたか!
カジノをお持ちでしたら、同じP-90ですね。
私の場合、未使用品だったせいか、Bumblebeeよりは元気なサウンドになりました。
もし交換されましたら、結果教えて下さいネ!

スケルトンパーツ(C)のご紹介

(株)日本オーディオの渡辺と申します。(メチャ堅い会社です。笑)
本日、始めてメールさせて頂きます。

実は先日、バンブルビーと弊社特製のスケルトンCの比較(http://art22.photozou.jp/pub/700/3037700/photo/206823626_org.v1404723324.jpg)の機会がありましたが、バンブルビーの巷での評価が気になり、ネットで調べているうち貴殿のページに辿りつきました。丁寧に比較テストされているので大変参考になりました。

さて、弊社のスケルトンパーツ(http://art27.photozou.jp/pub/700/3037700/photo/206823634_org.v1404723331.jpg)はピュアーオーディオ用途で「完全な無色透明」を目指して開発されたものです。
この為、貴殿がご興味があるギターアンプに用いた時、どういった音が出るか?、果たして魅力ある音になるか?全く想像もつかず、もし宜しかったら何本か無償提供させて頂きますのでご評価頂けませんか?というのが本メールの眼目です。

スケルトンCは基本ポリプロ系であるため、熱にごく弱くリード部の強度も無いため商品化のためには”223”のラベルが貼ってあるサンプルのように和紙で包るみ、シリコーン樹脂でガードした形にするしか手がございません。(和紙やシリコーンは音に影響を及ぼさない希少な素材です)
また、以前はスケルトンCの製造に協力いただけるメーカーがありましたが、現在はリード部品の衰退もあり全く不可な状況です。この為、市販品を弊社独自の方法で外装を剥ぐという実に馬鹿らしい方法を採っています。(逆にスケルトン化はこれだけの価値があるということです!)

もし、ご希望の定数をお伝えいただければ、全6本程度の範囲で提供させて頂きますのでご返信いただければ幸いです。宜しくお願い申しあげます。

渡辺賢次

Re: スケルトンパーツ(C)のご紹介

> 渡辺 様 コメントありがとうございます。

エレキギター界では
ギブソン50年代に搭載された
スプラグ社 Bumblebee .022 400Vが王様です。

このトーンを上回るなら無敵ではないでしょうか?

でも、これはギターの内部に取り付けた場合の事で、

ギターアンプの場合は、私の手には負えません・・・^^;

それでもよろしければ試してみたいです。

前略

いやぁ、カッコいいフレーズ弾きますね!
バンブルビーのザラつき感が
このフレーズにとてもマッチしています!
プレイヤーのスタイルで、やはり
コンデンサーも変わってくると思います。
私もバンブルビーとブラックビューティーは
0.015〜0.018ぐらいまで200Vから1000Vまで
沢山、所有しておりますが、
使えるのは容量抜けした600V までです。
ブラックビューティはローミッドが出る、
と言われていますが、言い換えれば、
ハイが出ないとも言えます。
ブラックビューティーの0.012の1000Vも
ギャグで付けましたが、
凄くローが出ました。(笑)
しかし、ボやけたローなので使えるのは
やはり容量抜けした 耐圧600V までですね。
下から上までまんべんなく出るという
意味ではバンブルビーではないでしょうか?
出過ぎた所はアンプで削れば良い訳ですから。
しかし、出ない所はどうしても出ない。
バンブルビーのザラつき感や、
下から上までまんべんなく出る、
要らない所では削れる。という点、
モロに、ギブソンの音がする、という所で、
バンブルビーを超えるコンデンサーは
無いのかもしれません。

敬具

Re: タイトルなし

>Jackさん 初めまして コメントありがとうございます。

バンブルビー、ブラックビューティなど沢山お持ちなんですね。
やはりブラックビューティはハイが出にくいんですか?
私もそんな気がしました^^
0.012の1000Vはローは出るけど、ぼやけるんですね。
600Vまでなら使えるんですか。貴重な情報ありがとうございます!

バンブルビーは弾いてて気持ちが良い音ですよね。
最強と私も思います(笑)
ヒスコレは今のままでも不満は無いのですが、
不満のあるギブソンはバンブルビーに付け替えようと思います。
訪問者数
アクセスランキング
音楽
136位
ギター
6位

  ↓ ↓  ポチッと一押しお願いします (^◇^)/

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

-アクセスランキングを見る-
プロフィール

リッチーエリックボーン・ペイジリックス -revikeike-

管理者:リッチーエリックボーン・ペイジリックス -revikeike-
古いギターとアンプが大好物です。

ブログ更新カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去のブログ 分類
PB100 (1)
KAY (1)
SONY (7)
楽天市場
最新記事一覧
最新コメント一覧
私が欲しい 本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
にほんブログ村

ブログ内キーワード検索

Instagram
Twitter
リンク
私が欲しい Blu-ray DVD & CD ギター

 <発売中!>

<ヤードバーズ 11/17発売>

<ロバートプラント 新作>

<ストーンズ DVD>

<スーパーグループ10/25発売 >



<ノエルギャラガー12/1発売 >

<クイーンオブザストーンエイジ >


私の気になる etc...



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Fender 《フェンダー》(Made in Japan Traditional...
価格:92340円(税込、送料無料) (2017/10/11時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Strymon ストライモン El Capisten dTape Echo【送料...
価格:37800円(税込、送料無料) (2017/10/11時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Gibson Custom Shop/2017 Limited Run Mike...
価格:1080000円(税込、送料別) (2017/10/11時点)



サウンドハウス FFM3 Fuzz Face Mini Hendrix
Fuzz Face Mini
サウンドハウス
9,980円



ピザハットオンライン

クロックス オンラインショップ

≪公式≫エディー・バウアー オンラインストア

サウンドハウス  iTunes Music Store(Japan)



Sony Music Shop

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

Sony Style(ソニースタイル)
このブログの人気ページ
Visitors
free counters