宅録・・・ 導入→打ち込み→ギターの録音 方法 (私のやり方)

打ち込み作業(DTM、宅録)はどうやっているのかと、
問い合わせがありましたので、私のやり方(ほぼ手抜き)を書いてみます。

とりあえず、簡単に今すぐ始めてみたい方向けに、多少手順を絞り込んだやり方です。
専門用語はなるべく使わないように書きました。

時間を掛けず、効率よく、素早く仕上げるのが目標です 


~ 導入準備編 ~

1)私の宅録のパターン(ロック系です)
 ・ギターは自分で弾きます。
 ・ベース、ドラム、ピアノは打ち込みます。


2)用意する機材
 ・パソコン
 ・オーディオ・インターフェース(ギターのアナログ信号をパソコンへデジタルで変換する装置)
 ・録音ソフト(Cubase,Sonar,Protools,など)
 ・アンプ・シュミレーター(GuitarRig,POD,Amplitube,などのソフト)
 ・ギター、ケーブル(ギターはもちろん、ケーブルの性質もサウンドへ影響します!)

 ※ オーディオ・インターフェースについて・・・
   色々と発売されていて、どれが良いのか正直わかりません。
   手のひらサイズの小さい方が、場所を取らず良いかも知れません。
   マイク録りされるなら、XLRマイク入力対応がノイズが乗らず良いです。
   5000円位から発売されています。

 ※ 録音ソフトについて・・・
   オーディオ・インターフェースなどを新品で購入すると、体験版の録音ソフトが
   付属する場合もあるので、機能に制限がありますが、とりあえずそれでOKです!
   「音質」や「拡張性」は不明?なものの、フリーソフトもあるようです。

   私の古い?Cubase5では、32bit、9600Hzの高音質なWAVデータが出力できます。
   ただし、VOONで公開するときにMP3(300kbps)へ変換するので、多少劣化します^^;

   録音ソフトの凄い所は、
   ギター演奏を録音したときはマーシャルでも、後から全く違うアンプに差し替えが可能です。
   1回録音した演奏をコピーして、右はマーシャル、左はフェンダー同時再生なんて「簡単」。
   エフェクターも後から「簡単」に追加・削除できます。
   理由は、ノンエフェクトのライン入力でのギターの音だけを録音しているからです。

 ※ アンプ・シュミレーターについて・・・
   ギターアンプとエフェクターに相当します。
   これも、どれが良いのかわかりません。
   昔からあるペダル式エフェクターでも、一応代用は可能です。
   キャンペーンや体験版のアップデートで安くソフトを購入できる場合があります。
   探せばフリーソフトもあるようです。

3)ソフトのインストール
 ・オーディオ・インターフェース付属のドライバーソフト
 ・録音ソフト
 ・アンプシュミレーター・ソフト(録音ソフトより後でインストールします)


4)録音ソフトのデバイスの設定
 ・これはコンピューター的な部分なので、パソコンが苦手な方は音が出ません。
  マニュアルを見ながらなんとか頑張ってください。 とりあえず、音が出ればOKです!
  もし音が出なくても、後で設定できますので次へ進みます。



以上で準備は、おおよそ完了です。






~ 打ち込み編 ~

打ち込みとは、楽譜をパソコンに登録していく作業と考えます。

真剣に入力すると、大変な作業になるので、なるべく手抜きをします。

バンドスコアをスキャナーで取り込むと、自動でデジタル音楽へ
変換してくれるソフトもあるかとは思いますが、それはさて置き、

ここでは私の知る、最小限の労力での、打ち込み方法をCubaseを使って書きます。



1)打ち込みをしない方法

  打ち込みなのに、打ち込みをしない方法があります。
  出来あがったMIDIデータを録音ソフトに読み込むだけで完成します。
  この方法が最も簡単に始められます。打ち込みの仕組みも理解できます。

  ・一曲210円で、YAMAHAのサイトで購入します。
   これを読み込むだけで、打ち込み作業が不要になります。
   ただし、欲しい曲が販売されていない可能性があります。
   ヒット曲などは、こちらが手っ取り早いです。

  又は、

  ・著作権に注意しながら、Webから検索後、ダウンロードして使用します。
   この時、ウィルス感染にも特に注意してください。
   MIDIデータは 「~~~.MID」の拡張子です。


2)打ち込みする方法

   該当の曲が見当たらない場合は、自分で打ち込みます。

 ・それでも、ドラムだけは何としても打ち込まない方法

   ドラムだけは「ドレミの音階が無い」ので、打ち込みをせずに、
   ドラムソフトを別途購入し、フレーズのパターンを小節単位で
   ドラッグ&ドロップで貼り付けて、完成させる事もソフトによっては可能です。
   ドラムは、最もコンピューター化が進んでいる楽器だと思います。

   私の場合は、ドラムソフト「SuperiorDrummer」にその機能があり、
   打ち込む手間を省けます。
   8000通りのMIDIのドラム・フレーズを収録しているそうです。
   ただ、録音ソフト側にも貼り付けの対応をしている必要があるので注意が必要です。

   ドラムは、楽譜通りに打ち込んでも、ノリやグルーヴを出すには難易度が高く、
   フレーズデータを持ったドラム・ソフトがあれば、リアルなドラミングをいとも簡単に得られ、
   本格派サウンドも付属していて、完成度に多大なる影響が出ます。



 ・ドラムを打ち込む方法


DTM1
   ①~④で、ドラムの打ち込み領域を作成します。


DTM2
   鉛筆ツールがダメなら、左の範囲指定を使って作成します。
   ダブルクリックすると ↓ 次の画面が出てきます。

DTM3
   この画面で、ドラムを打ち込みます。

   マウスで「赤色」の部分の線を引きます。簡単に言うと「これだけ」です。  


   もう少し、詳しく書きますと、

   ドラムはドレミの音階は無いのですが、
   打ち込みの時は、録音ソフト内の画面左にある「鍵盤」や「マウス」で打ち込み作業をします。

  例)
   ド・・・スネア
   レ・・・バスドラム
   ミ・・・シンバル

   などと録音ソフト内の鍵盤に音が割り当てられていますので、
   上図のように録音ソフトのドラムの部分の座標に登録していきます。

   繰り返しのリズムの場合は、マウスで「赤線」部分を範囲指定でコピーし、
   貼り付けたい位置で貼り付けて、効率的に作業を進めます。
   もちろん、以前に作ったフレーズでも貼り付け可能です。

   あとは、ひたすら一曲になるまで作業を続けるだけ。


※ 私はピアノの鍵盤で入力していますが、
   普通はドラムエディタで入力します(MIDI→ドラムエディタで開く)



   
  
ベースやキーボードの打ち込み

 ここでは詳しくは書きませんが、
 ドラムとは別の領域を作成し、ドラムと同様に、録音ソフト内の領域に
 楽譜の通り、ベースやキーボードの座標へそれぞれマウスで入力していきます。

 
 ※ 楽譜から入力する場合、
  #(♭)があれば、その音階を半音上(下)げて入力します。
  ♮の場合は #、♭は無視してそのまま入力します。



※ 打ち込みの作業は多大な時間を消費しますので、
   作業効率を上げる為に、コピー貼り付けや、過去のデーターや、
   MIDIデータ、ドラムソフトなどを有効に活用し、慣れるまでは
   ギター演奏の時間を多く作ることが有効だと私は思います。







~ ギターの録音編 ~


バッキングが出来たら、ギターの録音です。
バッキングの作成がまだ途中でも、並行してギターを録音してもOKです。

私は、最初に買ったオーディオ・インターフェースに、
体験版のGuitarRigが付属していて、今はアップグレードして使っています。

GitarRig5Proは
マーシャル、フェンダー、VOX、オレンジ、ジャズコーラス、
メサブギー、ソルダーノ、5150など、17台のアンプ、
27台のキャビネット、54種類のエフェクトと多彩な音作りが楽しめます。

GuitarRigはとにかく操作が簡単で非常に使いやすく、単体でもいい音がします。
ハムバッキング系のギターと相性が良いと思います。
シングルPU系だと若干トレブリー気味なので、アンプなどで高域を抑えるか、
高域の出にくいギターケーブルを研究し選んで使うとグッと良い音になります。


スーパーギターリスト風のセッティングも多く収録されており、
メーカーHPのユーザーデータのコーナーからセッティングをダウンロードして
自分の好みに修正して使うことも可能です。

無料の体験版がありますので利用するのも良いかも知れません。


他社のPOD-HDなども音がよさそうです。 お好みで使ってください。



ギターの録音の操作は簡単です。
作成した打ち込みを再生しながら、それに合わせてギターを演奏して録音します。
何度失敗しても、それらの演奏は残しつつ、何度でもやり直しが可能です。


例)GuitarRigで録音する場合の操作例

ドラムの打ち込みではインストゥルメントトラックを追加しましたが、
ギターの録音ではオーディオトラックを追加して下の画面に進みます。

DTM4
次の画面に変わります ↓

DTM5
私の場合はGuitarRigを呼び出します。

DTM6
上の操作で録音を開始します。
録音したギターを再生する場合はスピーカーマークをクリックし色を消します。


※録音をやり直す場合は、前回の録音は上書きで消えるので、
  残す場合は、ドラッグしたりして消えない場所に移動しておきます。



録音が終われば、仕上げに、各楽器の音量バランス調整、
(各楽器の音量の上げ下げの場所や、エフェクターのON、OFFの場所も記憶出来ます)
ぐらいで、とりあえずは完成する事になります。

慣れてくると、一連の作業は早くなります。

※音量バランスをとるときに、例えば「ドラムの音量が足りないなぁ~」と思うけど、
 すでにドラムの音量はMAXだし・・・これ以上音量は上げれない場合の対処方法として、
 ドラムの録音トラックをコピーして、もう1つ同じ録音トラックを増やせば音量は2倍?になります。


こだわる方は、さらにリバーブ、ディレイ、イコライザー、コンプレッサーや
左右の配置など、さらに細かい作業が他にもたくさんあると思います。



YAMAHAQY300
昔はこんなの使ってました!(YAMAHA QY300)



以上、非常に簡単ではありますが、これらが打ち込みや録音の作業になります。


なにか、ご不明な点は質問して頂ければ、この記事に追記していきたいと思います。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

苦手です

自分の場合、MTRの、ドラム入力が精一杯で、
DAWソフトだと、ほとんど、ちんぷんかんぷんで、
導入しても、1曲に、1ヶ月以上かかりそうです。

この記事は、すごくわかりやすく、まとまっていて、
なるほどなあと、思いつつ、実際にやるとなったら、
途中で、面倒になってきて、投げ出しそうです…。



Re: 苦手です

> ギターマジシャンさま
こんばんは!

機材を変えると数ヶ月間は効率が落ちますよね~^^;
私も、ようやく少しは慣れてきました。
でも、ドラム・ソフトはリアルで効果がありました~

それにしても、私の音は、ギターマガジン付属CDのプロの音と比べると全然ダメです~ >_<

No title

非常に分かりやすい説明ありがとうございます。 実際に打ち込みは大変で、かなり時間をとられますから、いかに簡単に出来るかの発想は大賛成です。
私はまだ、PC上のアンプシュミレータを使いこなしていないのですよ。 Amplitudeともう一つのソフトが入っているのですが、どうしても良い音がしません。 レイテンシーではないようなのです。 オーディオインターフェースはマルチエフェクターのを使っているので、新しいオーディオインターフェースを購入しようかと迷ってもう1年以上悩んでます。  悩みは尽きないです。 (笑)

Re: No title

> ゴルッテリアさま
こんにちは!

下手な文章ですが、入門編を書いてみました。
打ち込みは楽しい部分もありますが、楽しくない部分は手抜きしてます^^;
こだわりたい所だけ、あとから修正すればいいや!と思っています。

打ち込みのドラムは完成度にかなり影響して、大事だなぁと実感しました。
ドラムを自分で打ち込むのも考え物だなぁ~と思いました^^;

Amplitubeは体験版で少し触った程度ですが、操作さえ全く理解できずじまいでした。
GuitarRig5デモバージョン無料体験版はMarshall JCM800だけですが、
一度音だしテストされて、ソフトなのか、ハードが悪いのかテストしてみるのもいいかもですネ!
どうして良い音がしないんでしょうね?

私は最近POD-HDが優秀に思いましたが、高いです~。

No title

ナイスアドバイスありがとうございます。 GuitarRig5デモバージョン無料体験版早速試して見ました。 Guitarアンプも10種類以上、エフェクトも数多く揃ってました。 プリセットも豊富で時間限定ですが、本当に楽しめました。 音もAmplitubeと比較して圧倒的に気に入りましたが、レイテンシーをホンの少し感じるような気がしました。 私のAmplitubeはSonarに着いている簡易版でアンプもエフェクターも種類が少ないので音が作れないようでした。 取り敢えずオーディオインターフェースは購入する決意ができました。 ありがとうございました。

Re: No title

> ゴルッテリアさま
こんにちは!

道が開けて良かったです ☆

GuitarRigは負荷が高いですネ!
プリセットのエフェクターをいくつかOFFボタンを押すか、外していくと軽くなります。
30分デモで、録音は出来なかったと思いますが、
再起動すればまた使えたと思います。数日後にかなり機能が限定された記憶があります。
今のうち、いっぱい試してくださいね。

JS-8はそのまま使って、アンプシュミレーターだけ買えば良いような気もします^^
GuitarRigは半額や無料キャンペーンがあるので注意です!

No title

かなり詳しく丁寧に紹介されている記事なので、参考になります。
ただDAWと言う世界が、今や範囲が広がりすぎて、簡単に説明できない世界になっていて、これが宅録の流行、拡販を阻害している感じもあります。

このやり方しかないと言うのなら、簡単に説明できますが、色々な打ち込み方、オーデイオ録音のやり方、使用機材も様々な楽器、インターフェイス、DAWソフト・・・
これをすべて説明するには、莫大な時間が必要ですし、すべてを網羅するのは非常に難しく思います。
しかし、この世界、もうちょっと簡単なシステムにできないんでしょうかね??^^;

Re: No title

> ひょいさま
こんばんは!

選択肢が多いので混乱しますね! もっと簡単になって欲しいですね。

今後、画期的な開発があって、価格破壊も起きれば、淘汰が進み統一されていくのでしょうが、
業界の損失の方が大きいし、自分で自分の首を絞めちゃうので、あえて統合などせず、
多様化してるんでは? なんて思ったりしますが、どうなんでしょうか?^^;

ギターの音

リッチーエリックボーン・ペイジリックスさん、こんにちは。
CubaseとGuitarRigをお使いなのですね。Cubaseをお使いの方は、なぜか上級者というイメージがあります(笑)。
リッチーエリックボーン・ペイジリックスさんの音源はギターの音が素晴らしいのですが、何か特別な事はされていますか?
もちろん演奏がお上手だから、というのは分かるのですが、音がクリアで何と言うか際立っています。
GuitarRig以外にもEQ等、何かお使いなのでしょうか?

Re: ギターの音

> Joeさま
コメントありがとうございます!

演奏は、下手でまことにお恥ずかしいのですが、
音は、特にこれと言って何もしていません。

生々しい音が好きなのでエフェクトは少な目が好みです。
ギターはGuitarRigのJCM800ヘッドとキャビのみで鳴らしエフェクト無し、
ソロではTapeEchoと、VintageVerbを足しています。
(1弦のサスティンが無いアンプで結構弾き難いです・・・)
Cubaseでは何も掛けていません。

ベースもドラムもエフェクト無しで、ピアノだけCubaseでステレオ・エフェクトを掛けています。

音の劣化だけは最小限にと意識していて、パソコンが古いので限界はありますが、
現状でMAXの32bit,48000kHzで出力しています。

ありがとうございます。

早速のご返答、ありがとうございますm(_ _)m
そうですか、ギターリグのみですか。
やっぱり腕が良いから音も良いってことなんでしょうね。

それにしてもJCM800とテープエコー&ビンテージリバーブ・・・正に王道ですね!
リッチーエリックボーンさんのお好みが何となく分かる気がします(^_^)b

Re: ありがとうございます。

> Joeさま
こんばんは~

機材に頼っております。良い機材が大好きです。

テープエコーは結構いいですネ! ディレイの掛かりがいい感じです♪

有り難いです

こんばんは~
早速、DAWに関する説明有り難うございます、参考になります。
YamahaのMIDIサイト最高に良いですね。曲目やアーティスト(カシオペア、スクエア、リーリトナー、ラリーカールトン、アールクルー、の曲は多数ありますし、その他メジャー曲は結構ありましたし、今年1年はプロの方のMIDIを勉強する意味でも良いかと思い、早速定額:月500円会員になってしまいました。最初の月は、2曲ダウンロード無料、次の月から5曲500円(1曲100円)というのは凄いですね。
ご紹介有り難うございました。今月の2曲ダウンロードを今悩んでますw

Re: 有り難いです

> ぶりさん
こんばんは!

今はMIDI販売サイトYAMAHA1社だけになっちゃいました。
MIDIPALという強力なサイトが最近無くなりました。
会員になると色々サービスがあるんですね! 

ぶりさんはフュージョンも演奏されるので、MIDIは値打ちもんです。
ロックより複雑で、フュージョン系のシンセやドラム、ベースを打ち込むのは大変です。
プロのMIDIだと間違いないですね。 結構、音にこだわらないとエレクトーン演奏の音になりますが・・・
マイナスワンはほぼ加工できないので、私はMIDIの方が何かと扱いやすいです。

ちょっと質問です

早速MIDIデータをダウンロードして、Sonar(最近こちらを使ってます)にインポートして、音源割り付け、出力先を Microsoft Wavetable synth にしてMIDIの全体音をPCで出すことができたのですが、録音したギターの音はAudioIFに出力されてしまい、一緒に再生できない状態になってしまいました。
カラオケは、オーディオ変換して、オーティオトラックにしてからギターと合わせるのが普通なんですかね?

Re: ちょっと質問です

> ぶりさま
こんにちは!

難しい質問ですネ!・・・
音源、ギター共にパソコンのスピーカーから音を出すんですよねー?
それ、私のはドライバーが出来ない仕様になっていて、やるとすれば、
AIF側のステレオ出力をオーディオ・アンプ経由でスピーカ出力します。
私はAIFのヘッドホン出力で聴いています。
THR10のスピーカーで鳴らすか、
THR10は外部出力端子などが無ければ、ヘッドホン端子からアナログで
ステレオアンプなどへつなげて音出しするのかもです・・・

そもそもパソコンのサウンドボードの音は良くないので、
AIF側で再生するのが普通みたいです。
それをパソコン側に戻し「もう一度変換」してとなると遅延も発生するんでしょうか?
ぶりさんは動画も録られるので困っちゃいますね!

良い方法があれば逆に教えてください^^;

MIDIデータはオーディオ変換すると音色変更ができないので、
インストゥルメントトラック内でMIDIとして再生します。
訪問者数
アクセスランキング
音楽
155位
ギター
4位

  ↓ ↓  ポチッと一押しお願いします (^◇^)/

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

-アクセスランキングを見る-
プロフィール

リッチーエリックボーン・ペイジリックス

管理者:リッチーエリックボーン・ペイジリックス
ハードロック~ブルース、
生々しい70'sロックサウンドが大好きです。
1965年製 ヾ(^∇^)

ブログ更新カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
過去のブログ 分類
PB100 (1)
KAY (1)
SONY (7)
楽天市場
最新記事一覧
最新コメント一覧
私が欲しい 本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
にほんブログ村

ブログ内キーワード検索

Instagram
Twitter
リンク
私が欲しい Blu-ray DVD & CD ギター

 <発売中!>

<パープル 12/2発売>

<ストーンズ 12/2発売>

<クラプトン 9/30発売>

<ジミヘン 9/30発売>

< LED ZEPPELIN>

私の気になる etc...








[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Lovepedal Champ
価格:22464円(税込、送料別) (2016/11/24時点)




サウンドハウス FFM3 Fuzz Face Mini Hendrix
Fuzz Face Mini
サウンドハウス
9,980円

ピザハットオンライン

クロックス オンラインショップ

≪公式≫エディー・バウアー オンラインストア

サウンドハウス  iTunes Music Store(Japan)



Sony Music Shop

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

Sony Style(ソニースタイル)
このブログの人気ページ
Visitors
free counters