スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストラトのスクリューで音が変わる


カスタムショップのストラトの音が

オールドと比べるとちょっとペンペンしてるなぁ~

どうにかならないものかなと思っていたのですが、

「ネックのスクリューは締めすぎてはダメ」 と言うのを思い出しまして、



neck

試しに (黄色のネジを) ほんの1mm緩めたら、あら 不思議・・・

ストラトらしいオイシイ部分が出てきて

かなり音が良くなりました


※ 弦高も変わってしまうので、サドルの高さ調整も必要です。



ストラトって調整が難しい。




スポンサーサイト

Gibson 61年 と 62年 のネック


ギブソンの幅広の薄ネックと言われる61年について、
62年のネックと比べてみました。




ES-SG-1

比較するのはこの2台です。

ES-330 1962年
SG Special 1961年




ES-SG-2

ナットの方からネックを重ね合わします。

指板の長さは同じですが、カッタウェイの位置はこれだけ違います。


これだと、さすがに演奏性が違ってきますね。




ES-SG-3

《 結果 》

ネックの幅や厚みは、全体的にほぼ同じでした。

この薄いネック、弾いてるとすぐに慣れてくるんですが、

59年タイプへ持ち変えると丸太のように太く感じます。

再度61年タイプに持ち変えると、非常に薄く感じます。




SG_SG

ヒスコレSGのスリムテーパーネックにも似た握りです。


サウンドの方はSG得有の(無難な)いい音ですが、

 オールド限定ですが、

 フロントがコモリ気味の抜群の「ウーマントーン」で、

 ずっと弾いていたい音です。

ヒスコレ・ヴァイブローラ付の方は、高域が出てロックなトーンで凄くいいです!



私的には、薄ネックは慣れの問題だけで全く問題ありません。

薄い分、弾き易くなっております。


訪問者数
アクセスランキング
音楽
136位
ギター
7位

  ↓ ↓  ポチッと一押しお願いします (^◇^)/

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

-アクセスランキングを見る-
プロフィール

リッチーエリックボーン・ペイジリックス

管理者:リッチーエリックボーン・ペイジリックス
ハードロック~ブルース、
生々しい70'sロックサウンドが大好きです。
1965年製 ヾ(^∇^)

ブログ更新カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
過去のブログ 分類
PB100 (1)
KAY (1)
SONY (7)
楽天市場
最新記事一覧
最新コメント一覧
私が欲しい 本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
にほんブログ村

ブログ内キーワード検索

Instagram
Twitter
リンク
私が欲しい Blu-ray DVD & CD ギター

 <発売中!>

<パープル 12/2発売>

<ジミヘン 9/30発売>

< LED ZEPPELIN>

私の気になる etc...
このブログの人気ページ
Visitors
free counters