スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GIBSON VR10 と 仕事が落ち着いたと思ったら 新入りさん


ギブソンの弦もヴィンテージの復刻版が出ています。

  VR10 ヴィンテージ・リイシュー

GIBSON-VR10

ギブソン・ヒスコレに、最初に張ってある弦で、
気に入って、ギブソンのギターの時はずっと使っています。
太い音で、ツヤがある気がします。
せっかくなので、パッケージも再現して欲しいところです。

弦を張り替えようとしたら、手持ちの在庫が無く、
  注文しないといけないです。






そして・・・

shigoto_s

今月、社内システムの入替が終わり、やっと落ち着いたかな~

と、思ったら。。。。。。







新入りさんの登場で~す



akacyan_s
3か月で5.8kg 60cm



想像以上の体力勝負になりそうです・・・・

歩き始めると、さらに大変らしい・・・


まだ、自分のペースがつかめませんが、


そのうち取り戻したいと思います


既にレスポールより重いです 






サウンドハウス 580円
GIBSON / VR10 (010-046)Vintage Reissure
GIBSON / VR10 (010-046)Vintage Reissure
ギターの弦における近代のニーズに応えるつつ、
かつてのように純ニッケルワイヤーを使用する製法を可能な限り再現し、
そのしなやかさと安定性の確保のために上質なスウェーデン「hex」コアを使用。
ギブソンらしい暖かくて、芯のある音は、この弦でこそ真価を発揮することでしょう。


スポンサーサイト

CrazyParts - Art of Aging 輸入時の付加価値税(VAT) 免税


海外通販される方は、下記を参考にして下さい。
 (ご購入は、自己責任でお願いします 

crazyparts14-8_s


今まで、日本にはあまり流通しない「エイジドパーツ」を
在庫が豊富なCrazyParts(ドイツ)から海外通販で何度か購入しました。

2012年までは円高で安く買えたので、さほど気にしていなかったのですが、
今はユーロも高くなり、パーツも高いなぁ~と。
そうだ、VAT? 購入時に税金が加算されているんだけど・・・
免税で安くなるはずだ・・・

CrazyPartsではネット価格にVAT.19%が加算されて販売されています。
たしかドイツから日本で購入する場合は不要なはずなので、
一度ショプへ問い合わせてみました。
やはり、「出荷前に連絡をもらえば免税にできるよ!」との回答でした。

やっぱり・・・
「過去の注文の税金も還付してくれ~」って感じです^^;
  書類が面倒だし、もう期限切れですが・・・


ただ、VAT.(付加価値税) を免税してもらったところで、まだ高いです・・・


※別途、商品受け取り時に、日本の消費税は現金で払います。
       (本体価格の60%に対して課税)
   楽器に関税は掛かりません。
   パーツに関税は微妙ですが、いつも消費税のみの負担です。
   本体の支払いは「paypal」でオンライン決済です。

※イギリスから1Wのマーシャル・アンプを買った時も
  VATは免税されました。

※カナダからPRSを買った時もTAXが免税されました。



crazyparts14-2_s
「CrazyParts」
トラスロッドカバー ロール跡仕様・エイジド
良くできていてオススメ。 ライト・エイジドな仕上げです。



crazyparts14-3_s
「CrazyParts」
ジャックプレート 左側は50年代の「本物」
右はレプリカで、そこそこ良いです。本物より厚めで頑丈です。



crazyparts14-4_s
「Art of Aging」
ゴールド・ハット・ノブ・エイジド
トップのクリアーの「琥珀色」が本物の雰囲気があります。
緑青は裏側メインで表にはあまり無いです。



crazyparts14-5_s
「Art of Aging」
トグル・ノブ
頭のバリを取ってラッカー仕上げしてあります。
ただ、価格相応の仕上げ。
オレンジのノブ以外は、ギブソンの純正エイジドです。



crazyparts14-6_s
「Art of Aging」
ピックガード ヒストリック2009以降仕様 ヘビー・エイジド
以前買ったMONTREUXのピックガードにソックリ。
価格相応でそこそこ良いです。

「Art of Aging」
エスカッション・エイジド
3色の中から「ボーンホワイト」を選択。
ちょっと白すぎたので、アイボリーで良かったかも・・・
なかなか良く、オススメです。



crazyparts14-7_s
Made in Japan リアル・レプリカ・パーツの先駆け
「Dead Mint Club」
ブッシュ・エイジド
ライト・エイジドです。

ヒスコレのブッシュ交換は難しいので、
プロに依頼された方が良いです。 自分で交換しましたが・・・
テーパーの知識のないプロなら失敗するレベルです・・・要注意!




CC#15-4





過去にも、色々パーツ交換しています。

1.Montreux Relic Parts モントルー レリック パーツ

2.レスポール・スタジオ アッセン総入れ替え

3.レスポール・スペシャル AGEDパーツ交換

4.GIBSON SG AGED パーツ交換



ギブソン コレクターズチョイス と レギュラー と ヴィンテージ の差


改造無しのレギュラー1995年製と
   コレクターズチョイス2013年とを弾き比べての私感です。


CC-HIKAKU-1_s


このレギュラー1995年は、新品購入時に
  同じモデル5~6本の中から一番ヌケが良いのを選びました。


コレクターズチョイス(CC)・レスポールの方が勝っている点
 ・職人こだわりのネックシェイプの弾き易さで疲れない
 ・フレットが、レギュラーより弾き易い
 ・弾いた時のボディ裏までの振動
 ・各弦の響きのバランス
 ・軽い (と言っても4.0kg)
 ・トータルバランス、完成度
 ・見た目 & オリジナル度の追及

手間を掛けている分、さすがにコレクターズチョイスが優勢です。


ただ、私のレギュラー・レスポールが負けていない点もあります。
 ・ヘヴィに歪ましたサウンドが良い。
 ・弦の生鳴りが悪いと思いきや、アンプを通すとけっこう良い音。
 ・ハードロックメイプル・メチャ硬い (CCはソフトメイプル?)
 ・低域が太く豊か
 ・ジャンボフレットのおかげで弾き易い
 ・価格が安い

 ・1弦の鳴りが少し悪いですが・・・ (サドル?)



「アンプシュミレーター」を通した「音色」だけで比較した場合、
 価格ほどの音の差は無く、古いレギュラーは頑張ってます。
  ある意味、驚きました。 レギュラーでも音は良いです




そして蛇足ですが、ヴィンテージ・レスポールが勝っている点・・・
 ・音の抜けがCCより、さらにワンランク上
 ・CCがどれだけ鳴ろうが、それをも超越した透き通ったトーン
 ・本物である。 (これが大きいですが・・・)

 ・でも、ギターを弾かない人には、その差は分からないでしょう。



今度、「レギュラー」に下記パーツを載せて
    「音」だけ、「コレクターズチョイス」を超えられるのか?
       ダメ元で挑戦させようと思います^^;

どちらも木は同じ1Pジェニュインマホガニー(中南米産)だし・・・


CC-HIKAKU-2_s

《 改造の詳細 》
 ・バーストバッカー1&2
 ・50年代「本物」バンブルビー・コンデンサー
 ・CTS 500kポット(250kが標準な為)
 ・アルミ製テイルピース(亜鉛ダイキャストが標準装備)
 ・鉄製スタッドボルト(亜鉛ダイキャストが標準装備)
 ・ABR-1(ナッシュビル・ブリッジが標準装備)
 ・クルーソンペグ




 

30系 プリウス ユーザー車検 2回目 5年目 行ってきました。


ユーザー車検 またまた陸運局へ行ってきました。
 (休日出勤の代休で行きました)

プリウス30系の2回目の車検(5年目)です。

一応、事前にディーラーでも問題がないか、
     オイル交換時に点検は受けています。


車検-1s
車検は、この100mほどのレーンを走行するだけです。


準備する物

1.希望日の15日前から陸運局のサイトで車検の予約をします。
     (予約番号を控えておく)
2.24ヶ月定期点検記録簿 (事前にネットで印刷し自分で車の点検をする等)


車検当日持参するもの

3.印鑑
4.ボールペン (念のため) 鉛筆は置いてありました。
5.自動車税納税証明書
6.自賠責保険証 (期限切れ直前の物)
7.自動車検査証 (期限切れ直前の車検証)


当日、受付で

8.申込み用紙を購入
9.自動車検査登録印紙を購入(車検費用)
10.重量税を支払
11.自賠責保険に加入
12.全ての書類が揃えば、受付してもらう


予約時間に全ての書類を持ち、車検レーンへ自分の車で入る。(指示に従うだけで簡単です。約20分)

・プリウスは事前に「整備モード」に入れておきます。
・ウィンカー、ハザード、ライト、クラクション、バックギアライト
・ウィンドウウォッシャーワイパー動作
・車体番号確認
・排気ガスの成分検査 (係の人がやってくれる)
・ホイールのボルト締め付け、下回り検査 (係の人がやってくれる)
・横滑り検査
・ハンドル、横揺れ検査
・ブレーキ、駐車ブレーキの検査
・ハイビームライトの検査
などの自動車検査です。

同時に上記検査各所(3か所程度)で、自動車検査票に合否の刻印を自分で機械にて打刻。

検査項目が全て合格なら、

・事務所で、車検証発行 (2分) →  終了


今回も一発で合格でした。 緊張しました。 ホッ 


prius-syaken2

費用の方ですが、


( 掛かった費用 30 プリウス )
用紙代             20円
検査費用         1,800円
重量税         15,000円 (新エコカー減税)
自賠責保険(2年)  27,840円
――――――――――――――――――
総 合 計        44,660円  (2014年)

一か月換算すると・・・ 44,660円 ÷ 24ヶ月 ≒ 1,860円



普段の整備と、2年に1回の車検は別物と考えましょう。
 (車が正常であれば、ごく簡単に通ります)

ユーザー車検 興味ある方は是非チャレンジしてみてくださいね。







※プリウス「整備モード」の入れ方
  必ず使いますので、事前に練習しておいてください。
  アクセル全開にしますが、エンジンは止まっていますので音は出ません。
  やり方はネットによく出ています。

1)始動ボタンをブレーキペダル踏まず1回押す。
2)さらにブレーキペダル踏ます始動ボタンを1回押す。
   イグニッション・ランプはオレンジ色です。
3)Pレンジのままアクセルペダルを2回全開。
4)ブレーキペダル踏みNレンジに入れアクセルペダルを2回全開。
5)再びPレンジに入れてアクセルペダル2回全開。
上記を1分以内に行うとディスプレイに「メンテナスモードが点く。
6)ブレーキ踏みながら始動ボタン押す。

上記操作で、Pレンジではエンジンは常時アイドリング状態になります。



訪問者数
アクセスランキング
音楽
142位
ギター
4位

  ↓ ↓  ポチッと一押しお願いします (^◇^)/

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

-アクセスランキングを見る-
プロフィール

リッチーエリックボーン・ペイジリックス

管理者:リッチーエリックボーン・ペイジリックス
ハードロック~ブルース、
生々しい70'sロックサウンドが大好きです。
1965年製 ヾ(^∇^)

ブログ更新カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去のブログ 分類
PB100 (1)
KAY (1)
SONY (7)
楽天市場
最新記事一覧
最新コメント一覧
私が欲しい 本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
にほんブログ村

ブログ内キーワード検索

Instagram
Twitter
リンク
私が欲しい Blu-ray DVD & CD ギター

 <発売中!>

<パープル 12/2発売>

<ストーンズ 12/2発売>

<クラプトン 9/30発売>

<ジミヘン 9/30発売>

< LED ZEPPELIN>

私の気になる etc...
このブログの人気ページ
Visitors
free counters