スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギブソン リアル エイジド


マニアック・ネタ です~


ヒスコレの「エイジド」加工、かっこいいなぁ~って思います。

「本物」より弾き易い「コレクターズ・チョイス」を、
     一本、欲しいなぁ~なんて思ったりもします。

      →  結局、この先、買ってしまう事になります


では、そのお手本となる59年レスポールの、
 さらに元祖である、
 「53年のレスポール」を写真に収めてみました。

   (写真をクリックして頂けると、少し大きな写真になります)


LP53-AGED-1_s
ヘッド: 61年の歳月を経た貫録が漂います。

 所有して12年です。 その前の49年間は他の人がオーナー。
 いつかこの先、新たなオーナーへ嫁ぐべき歴史的価値あるギター
    (金銭的価値はありませんが・・・^^;)
 ゴールドの57年がまだ200万円台だった頃で、
    当時は57年が買えずコレにしました。

      ところで、ヒスコレはブッシュが違うんだなぁ~


LP53-AGED-2_s
トラスロッド・カバー:  ヒスコレにはローラー跡が無いんだなぁ~


LP53-AGED-3_s
シルクスクリーン・ロゴ:  ヒスコレで安定して再現して欲しいです。


LP53-AGED-4
ヘッドの突板(Hollywoodひいらぎ)の欠けです。
  ヒスコレではメイプルを使っているらしいです。


LP53-AGED-5_s
ヘッド裏:  ヒスコレのシリアルのスタンプがどうも違うんだなぁ~
          ヴィンテージは丁寧に押されていますが、
          ヒスコレは、ゴム・スタンプ感が丸出しです。


LP53-AGED-6_s
ヘッド 付け根 17度 ラッカー塗装にひび割れ


LP53-AGED-7_s
デルリン・ナット:  乳白色です。


LP53-AGED-8_s
クルーソン・ペグ 50年代のノーライン


LP53-AGED-9_s
ヘッド・サイド:  塗装のバフ掛けをしていないのでデコボコ


LP53-AGED-10_s
ネック裏のキズ


LP53-AGED-11_s
かの有名な「ハカランダ」 基本は茶系です。
  本物を知らない人は「黒い指板」と言います。


LP53-AGED-12_s
ボディサイドの「ホンジュラス・マホガニー」
  現在のヒスコレの「フィジー産マホガニー」と色を除いてソックリです。
  フィジー産のうねうね木目に「アニリンダイ」は本物よりカッコイイ。


LP53-AGED-13_s
塗装のクラック:  キレイなギターなので塗装のひび割れは少ないです。


LP53-AGED-14_s
こんなところに当てキズがあります。


LP53-AGED-15_s
ゴールドの塗装に少しヘタリがあります。


LP53-AGED-16_s
このアングルはステキですね~
  たくさんの工作が、共存してる密集地帯です。
  ネックとボディの接合部分は、
  アポロ・ソユーズドッキングのような緊張が走ります。え?


LP53-AGED-17_s
エルボー~ボディエンド部分:  塗装にヒビ割れが。


LP53-AGED-18_s
ジャックプレート部分:  ゴールド塗装のハガレ


LP53-AGED-19_s
バックルキズ


LP53-AGED-20_s
マホガニーって感じです。


LP53-AGED-21_s
ボディ下の部分は、キズが付きやすいですね。


LP53-AGED-22_s


LP53-AGED-23
あっ、「バンブルビー」のエイジドもまだ出て無いですね。
  それを言い出すと、まだ他に色々ありますが・・・



最後までご覧くださいまして、ありがとうございます。
改めて、レスポールの美しさを再認識できました。

ギブソン社が初めて作ったソリッド・ギターがレスポールで、
なのに全ての造形が完成されていて、そりゃ人気出るわな~

この53年の塗装は、VOSのような艶消しでは無く、
グロスフィニッシュのようなテカリがあります。








スポンサーサイト

Marshall CS JTM145 1964 Andertons 50th Anniversary 1w Head


Marshall CS JTM145 1964
  Andertons 50th Anniversary 1w Head

  新入りさんです

jtm145-1_s

マーシャル の 1ワット アンプ シリーズ で、1964年のJTM45をオマージュ

  世界で最も古いマーシャル・ディラーのオリジナルモデルです。

  イギリス限定200台、220voltのみで、日本での発売は無し。

  インターネットのおかげで簡単に買え、一週間で到着しました。



jtm145-2_s

合皮のブラックのト-レックスが、上質な牛革のような質感です。



jtm145-3_s

コントロールパネル
  ・Loudness1は、高域、中域のヴォリューム
  ・Loudness2は、低域、中域のヴォリュームだと思います。
  ・LowはHighより若干ゲインが低く、歪が少ない感じ。


jtm145-5_s

バックプレートにシリアルNOが記載されています。
   シリアルナンバーも終りの方なので、もうすぐ売り切れ?かも
   お約束の0.1w切り替えスイッチ付き


marshall-2061x
横幅のサイズは、20wの2061Xと全く同じ510mmです。





実は、220v昇圧トランスのコンセント変換プラグの形状を、
    間違って購入したため、まだ音出しできていません

とりあえず、マーシャル JTM-1 1W オフセットモデルをフルテンで
   ヒスコレSGで ライン録りしてみました。 ミスタッチ多発

真空管だけに暖かいサウンドです・・・


注) ライン入出力は、そのままだとアンプや機器が壊れます。
    ダミーロードを通しています。





ここではJTM1のサウンドしか紹介できませんでしたが、
 このJTM145は、JTM1のカスタマイズ製品で
 JTM1のシンプルな操作性を、さらに自分好みに音作りできるので
 クリーン良し、歪んで良しの自宅用最強アンプであります。
 (自宅で歪ますにはアッテネーターが必要です)
 これを作ったビルダーさん、JCM1も製作を担当したので、
 とても気になるところです。





jtm145-5_s


いつのまにかマーシャル1Wが、3台のコレクションに・・・(汗)






訪問者数
アクセスランキング
音楽
142位
ギター
4位

  ↓ ↓  ポチッと一押しお願いします (^◇^)/

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

-アクセスランキングを見る-
プロフィール

リッチーエリックボーン・ペイジリックス

管理者:リッチーエリックボーン・ペイジリックス
ハードロック~ブルース、
生々しい70'sロックサウンドが大好きです。
1965年製 ヾ(^∇^)

ブログ更新カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
過去のブログ 分類
PB100 (1)
KAY (1)
SONY (7)
楽天市場
最新記事一覧
最新コメント一覧
私が欲しい 本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
にほんブログ村

ブログ内キーワード検索

Instagram
Twitter
リンク
私が欲しい Blu-ray DVD & CD ギター

 <発売中!>

<パープル 12/2発売>

<ストーンズ 12/2発売>

<クラプトン 9/30発売>

<ジミヘン 9/30発売>

< LED ZEPPELIN>

私の気になる etc...
このブログの人気ページ
Visitors
free counters