スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FENDER DUO SONIC 1960年製

BODY: Poplar? / Alder?
NECK: Maple
Color: tan
FINGER BOARD: Brazilian Rosewood / Slab Board
POSITION MARK: Cray Dots
TUNER: Kluson

DUO1

FENDER DUO SONIC 1960年製

このギター、ジミヘンも(1964年にIsleyBrothersのバックバンド時)
同じTANカラーのモデルを使っていたことでも有名です。
hendrixduosonic

シングルコイル両方を同時に鳴らせるので
音はけっこう太いです。
ストラトには及びませんが、
サウンドは似ていて、いい線いってます。
60年代の特徴だと思いますが、
丸くて粘りのあるサウンドだと思います。

ハカランダ指板、スラブボード、クレイドット、
塗装はこの時期はかな~り薄く、
おじいちゃんの手のシワのように塗装表面が
シワシワしてますが、ハガレてくるほどでは無いです。

エレキ全盛期当時のオーラをバチバチ放っていて、
状態もかなり良く、眺めているだけで最高!
指板の模様はまさにハカランダです。
木目がある場所から、突然変わります。これがいいんですね~。
ヴィンテージ入門機ですが、なかなかのスペックです。

66年のストラトを持ってますが、
そちらはラッカ-塗装が厚く見た目のヴィンテージのオーラは弱いんですが、
60年のこちらは見た目の発するオーラが異次元です!!
ただ、ネックの塗装はどちらも薄いです♪
(塗装や素材のレベルが違うのを手に取るとハッキリ感じます)

DUO2

このギターは私が買うまで、店頭に3年ほど飾ってあり
ようやく買い手がついたとショップで言われました。
まだインターネットがあまり普及していなかったので、
安くて良いヴィンテージがゴロゴロありました♪

私が購入当時、50年代のミュージックマスターは9万円
50年代のデュオソニックは20万円
1960年のストラトで120万円でした(普通は買わないです)。
この時なぜか、1954年のレスポールが90万円と安かった。

DUO3

塗装は写真ではのっぺりしていますが、
実際はうっすら塗装にひび割れが起きて
ヴィンテージの雰囲気があります。

ボディはポプラの木を使用していて、薄いボディの為軽いです。
ポプラは鳴らない木だと聴いたことがありますが、
コレはすごく鳴ります。
もしかするとアルダーなのかも知れません。

スチューデントモデルなので
ショートスケールになっており、
ネックは特に1~3フレットが恐ろしく細いです。

※50年代初期のDUO-SONICは
ネックがそこそこ太いらしいです。

サンプルサウンド


1998年 13万円で購入 → 今は所有していません (*⌒∇⌒*)♪
スポンサーサイト
訪問者数
アクセスランキング
音楽
205位
ギター
6位

  ↓ ↓  ポチッと一押しお願いします (^◇^)/

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

-アクセスランキングを見る-
プロフィール

リッチーエリックボーン・ペイジリックス

管理者:リッチーエリックボーン・ペイジリックス
ハードロック~ブルース、
生々しい70'sロックサウンドが大好きです。
1965年製 ヾ(^∇^)

ブログ更新カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
過去のブログ 分類
PB100 (1)
KAY (1)
SONY (7)
楽天市場
最新記事一覧
最新コメント一覧
私が欲しい 本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
にほんブログ村

ブログ内キーワード検索

Instagram
Twitter
リンク
私が欲しい Blu-ray DVD & CD ギター

 <発売中!>

<パープル 12/2発売>

<ストーンズ 12/2発売>

<クラプトン 9/30発売>

<ジミヘン 9/30発売>

< LED ZEPPELIN>

私の気になる etc...
このブログの人気ページ
Visitors
free counters