スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

66年のストラト ようやく リフレット しました。


長年 放置していた

66年のストラトをリフレットに出して、帰ってきました




refret

今回は、ナット&フレット交換、指板調整です。


・指板調整
  仕方のないことですが、表面を平らにするので、
     レリックな雰囲気は完全に無くなりました

  そして指板は、インディアンローズウッドが確定・・・


・ナットは牛骨で (60年代前半仕様)


・フレットはカスタムショップでよく使われる
  無難にジムダンロップ6105 (ミディアムジャンボ) 弾き易い
  でも、ビンテージタイプでもいいかも


・弾き心地
  抜群です! カスタムショップかと思うくらい弾き易い。
  長年弾いてきたので66年のネックシェイプは最高です


・鳴り
  ナット、フレットの摩耗のため、イマイチな部分もあったのが、
  交換によりビンビン鳴るようになりました。


・サウンド
  明瞭、ブライトで元気な張りのあるサウンドに。
  66年ピックアップ、パワーあるロックテイスト


・カスタムショップTeamBuiltCustomと比べて・・・
  ビンテージの上を見たらきりがないですが、
  この66年、サウンドは申し分ないです。

  TBC・・・結構いい線行ってます! サウンドも近い感じ
  ただ、比べると少し不満のあるサウンドです。

  不満とは・・・、66年は音の加工が不用としたら、
  TBCは気に入るように音作りがひと手間必要です。
  その差かなと、・・・




66refret

結論

ビンテージ・ストラトをリフレットすると
  新品のようにメインギターとしてバリバリ使えます。

フレット交換したことで、
  手持ちのカスタムショップは不要かな?って感じです。
  というか、同等スペックを所有する意味がなくなります。

フレット交換で、指板の寿命は縮んだ事になる。


スポンサーサイト

フェンダー リアル レリック


またまたしつこく、マニアックに

フェンダー ストラトキャスター 66年製を
  写真に収めてみました。

  このストラトを買った時、フェンダーのレリック加工は
   まだ下手でしたが、今はカッコよく進化しています。

   (写真をクリックして頂けると、少し大きな写真になります)

st66-relic1_s
結構、オンボロですが、ベビーレリックほどではないです。
この年代のボディの塗装は、厚みがあります。
逆に60年代初期はメチャ薄塗装でSRVのようにボロボロになります。


st66-relic2_s
66年からシェイプが新しく変わった、ラージヘッドです。
 64年頃からヘッドに厚みがある仕様になります。


st66-relic3_s
ネックのラッカー塗装はボディの塗装とは違い薄塗りです。
 弾いてるとすぐハゲてきます。


st66-relic4_s
エルボー部分: カスタムショップのレリックのようにはならず、
 相当弾き込まないと、あのようにはならないです。


st66-relic5_s
1弦側ホーン部分: 塗装が熱で溶けています。


st66-relic7_s
ボディ下側: 当てキズ多しです。


st66-relic8_s
ヴィンテージは、ピックガードの切り込み処理が雑です。
何故ココだけ際立って雑なのか、不思議です。


st66-relic9_s
この年から、インディアン・ローズウッド指板になります。
ネックの反りが無く、弦高はかなり下げてます。


st66-relic10_s


st66-relic13_s
ノブ


st66-relic12_s
ブリッジピックアップ


st66-relic11_s
セレクターノブ


なかなか、抜けの良いヴィンテージ・ストラトです。

レスポールと比べると、あっさりとした大量生産向きの構造。
ただ、機能美と言うのでしょうか、人気もあり凄いギターです。

フェンダーのマスタービルダー物も凄く良いらしいので、
  いつか、弾いてみたいです。






Raw Vintage トレモロスプリング RVTS-1 ストラトに装着しました。


先日、PRSのストップテイルと、トレモロで鳴りが違うのを実感しました。

振動のロスが少ないストップテイルの方が、鳴りやサスティンが良いはずです。


そんな時、こんなの見つけました!


RawVintage トレモロスプリング


Stratocaster-66_s
そう言えば、66年のストラト、

     スプリング交換で、サウンドを若返らそうと思います。

rawvintage2

早速、5本をこれに交換してみました。 ↑  ↑


rawvintage6
太さは 1.39mm でヴィンテージと全く同じ太さ。



Stratocaster 1966 front

交換前のサウンド


Stratocaster 1966 front

交換後のサウンド それにしてもひどい、ピッチも合ってないですね



えっ!? 違いが分からない??
録音しての違いは? 客観的には「微妙」な差ですが、

実は、弾いてる本人は、全然違いますよ ブラス鉄サドルほどでは無いですが。
鳴るので、鳴らしてやろうと、弾き方が、変わりました。(オールド弾き難いです)


弦の「鳴り」が良く、「倍音」が増え、音が「ブライト」に、
特に1、2、3、4弦などが鳴りだしたのが実感しやすく、
音にメリハリが出て、ソロを弾くのが楽しくなりそう。


気になる方は、いかが?






【商品説明】

製造から数十年が経っているヴィンテージ・ギターは、
パーツなどの消耗品の機能性に問題が生じてきます。
これによりパーツの交換が必要になった時に多くのヴィンテージユーザーの皆さんが
恐れるのは、パーツを変えたせいで音色がガラリと変わってしまう事でしょう。

50's・60'sのヴィンテージの太くコシのあるサウンドは、サドルも然る事ながら、
トレモロスプリングも重要な役割を担っていると考えます。
現行のスプリングは固く張力の強いものが多く製造され、
ヴィンテージのそれとは異なった趣向の物となっています。

まず外径の違いに気が付くことでしょう。
ヴィンテージの物は現行の物より0.8mmも太い事がわかりました。
スプリングの張力はヴィンテージと現行の数メーカーの物を計測し、
その上でヴィンテージとほぼ近い数値へ導きだしました。

5本もしくは4本で使う事を前提とし、これによる重量の変化と
スプリングの収縮率によるアーミングの安定と絶妙なトルク感が得られます。
さらに、重量が増す事により太くコシのある音と良いリバーブ感を出してくれます。
スプリングの製造メーカーと共にヴィンテージ現物を解析、研究し、
あのウォームで太いトーンを導きだしました。

もちろん現行品リイシューギター等にリプレイスメント・パーツとしても使用可能で、
ヴィンテージを所有しない方も、より本物に近いその性能を堪能出来ることでしょう。

Wire Diameter:1.3mm Overall Diameter:8.86mm Nickel Plated
定価 2100円(税込み)







FENDER Custom Shop '69 STRAT PICKUP 買ってみました。


フェンダー・カスタムショップから
Fender Custom Shop '69 Strat Pickup
と言うピックアップが1999年より発売されていて
「アビー物」を購入してみました。



これは、ウッドストックのジミヘンモデルのピックアップなのですが、

ご存知の方も多いと思いますが、
あの超有名な「アビゲイル・イバラ」女史が
ハンド・ワイヤリングしているピックアップです。


アビゲイル女史 手巻き実践

超高速回転で巻いてます。 さすが、素手で作業してたんですね。


1956年からフェンダーに勤務し、今では80才を超えているのに、
今なお現役でカスタムショップで活躍し、マスタービルダーから厚い信頼を得て、
ほとんどのマスタービルダー物のピックアップを手がけているそうです。

カスタムショップでピックアップの手巻きをしているのは
アビーさん、ただ一人だというのは凄いですね。
マスタービルダーへは伝授しているそうですが・・・

フェンダーの「生きたヴィンテージ」ですね。


機械が導入される65年までは4人で手巻きをしていて、
一人で1日40個を作っていたそうです。
9時-5時の8時間労働として、8000ターンなので
1個を約12分で作っていた計算。
ただ、レオフェンダーから4時間しかダメとのことで
1個を6分で作っていた事になります



その「アビゲイル・イバラ」さんのネーム入りピックアップを
単独で購入できるのは唯一コレだけです。

そんな貴重なピックアップ?ですが、2011年の9月頃から、
「'69 ストラト・ピックアップ」の、彼女のサインは消えました。
今はマスタービルダーのギター用に専念してしまったのかも知れませんネ。

Fender Custom Shop '69 Strat Pickupは
現在も引き続き販売されてはいるものの、
サインや、日付は入らず無地です。

↓ 将来、フェンダージャパンのジミヘンモデルST68-TXを買って、
  テキサスPUをこの'69PUに交換したいと思ってます




69pickup_s
’69PICKUPの3個の抵抗値を測ってみると個体差があり、
手巻きなので、けっこう巻き方にもムラがあります。
真ん中のピックアップだけ巻き方が変?です。
真ん中だけ日付も違うので、この日は体調が悪く他の人が巻いてたりして・・・


それと、アビゲイルさんによると、ワイヤーにミクロンの誤差があるので、
抵抗値を一定にするためテンションを微調整して
巻きながら抵抗をコントロールするそうです。

同じターン数でもテンションが高いと抵抗値が高くなり
ハイが抑え気味になるそうです。

手巻きのメリットは、機械より均一に巻けるとの事でした。


ヴィンテージと比較
69pickup-2_s
65年のピックアップを持っていたので比較してみました。
65年の方がボッテリと太いです。
65年は8000ターンで69年は7600ターンです。

※ '69ピックアップはターン数が少ないのですが、
  ハウリングやノイズ対策の為に、当時、大音量のアンプで
  鳴らすことを想定した時代のピックアップで、
  クリーンではおとなしいが、歪ますとトレブリーで攻撃的だそうです。
  中域が少なく、ジャリジャリで派手なサウンドらしい。



おまけ

フェンダー ヴィンテージ・ピックアップ仕様

(54年~ 共通仕様)
・コイルワイヤーAWG#42(0.0635mm)銅線
・ボビンはファイバー製
・マグネットはアルニコ
・ポッティングはパラフィン
・68年頃まで8000ターン、68年頃より7600ターンに

(年代別仕様)
・64年まで 黒のファイバー紙、コイル明るい色
・61年頃まで「上部がN極」、以降は「上部がS極」に変わる
・65年頃 CBS買収後、大量生産に伴い自動巻き機を導入
・65年頃 グレーのファイバー紙、日付あり、暗いエナメル線
・70年代 濃いあずき色エナメル線
・72年 黒いエナメル線、濃いグレーファイバー紙、
・75年 スタッガード → フラット・ポールピースへ
・81年 ファイバー紙 → プラスティックへ

とってもマニアックですが、ヴィンテージはオリジナル度で
相場が変わりますので、知っていないといけません
交換があると安く手に入りラッキーです♪



SLIDER'S VINTAGE PICKUPS - "69's"

適当な動画が無く、全く関係ないピックアップですが、
ジミヘンの演奏がいい感じです。









FENDER Stratocaster 1966 の音

Stratocaster-66_s

66年のフェンダー・ストラトキャスターの音を録音してみました。
またまたGuitar Rig3の登場です。

フレットが減っててメチャクチャ弾きにくいデスねぇ~
打ち換えないと・・・


Stratocaster'66 フロント・ピックアップ/ダダリオ弦009/
スプリング5本/半音下げチューニング


レイヴォーンの音を選択しました!


ブルースは、難しいなぁ~ (ノ゚ο゚)ノ


でも、ピッキングニュアンスの上手い下手がはっきりとわかる
このストラトのサウンドは好きだなぁ~ ヾ(^-^;)








訪問者数
アクセスランキング
音楽
205位
ギター
6位

  ↓ ↓  ポチッと一押しお願いします (^◇^)/

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

-アクセスランキングを見る-
プロフィール

リッチーエリックボーン・ペイジリックス

管理者:リッチーエリックボーン・ペイジリックス
ハードロック~ブルース、
生々しい70'sロックサウンドが大好きです。
1965年製 ヾ(^∇^)

ブログ更新カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
過去のブログ 分類
PB100 (1)
KAY (1)
SONY (7)
楽天市場
最新記事一覧
最新コメント一覧
私が欲しい 本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
にほんブログ村

ブログ内キーワード検索

Instagram
Twitter
リンク
私が欲しい Blu-ray DVD & CD ギター

 <発売中!>

<パープル 12/2発売>

<ストーンズ 12/2発売>

<クラプトン 9/30発売>

<ジミヘン 9/30発売>

< LED ZEPPELIN>

私の気になる etc...
このブログの人気ページ
Visitors
free counters