スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wood Horn フジゲン


ウッドホーン

woodhorn-11

ギターメーカー フジゲンさんの
iPhone(5,5s)専用音声増幅スタンドです。
 6、SE でも幅が同じなので使用可能です。

写真ではiPodで使用しています。

これは電源を使いません。



woodhorn-13

”AQUA TIMBER(アクア・ティンバー)” バーズアイメイプル

アクアティンバーは、約70年から250年以上にわたって五大湖の底をゆりかごに、眠り続けた大自然の銘木です。樹齢200年を超える木材は、空気が遮断された湖底できめ細やかな木目のまま、水中のバクテリアが不純物を食べ尽くした「無酸素の理想的な保存状態」で引き上げられました。水中のバクテリアの営みにより、一般的な楽器用木材と比べ、レゾナンスが30%もアップする理想的なギター材となりました。アクアティンバーはウッドホーンWH1 Aqua Timber Mapleモデルに使用されています。

だそうです・・・

なかなかよさげです。



woodhorn-14

もう片方は、アフリカンマホガニー



woodhorn-5

底面にレーザー刻印

本体は、2ピース材で出来ています。



肝心のサウンドは、
iPhone内臓スピーカーのペラペラの音を
アナログで増幅するので、あまり期待はできません(笑)

2者を比べると、
マホガニーの方は中域のギター、ヴォーカルが太く強調され、
メイプルはシャープな硬めの音で、癖が無くバランスがいいです。
まぁほんの少しの差です。
どちらも増幅の音量は同じで、低域も出ます。
この商品に限ってはメイプルの方がまとまってるかな
その時の気分で使い分ける感じです・・・



woodhorn-15
マーシャル3段積みに対抗して、2段積み~



このスピーカーから出るギターの音を聴いて、
ギターの好みも、マホガニーが好きなのを、改めて再認識。
できればアルダーのスピーカーも試したかった。

ただ、今回初めて知りましたが、iPhone、iPodの内臓スピーカーは
1つだけの「モノラル」なんですね~
ウッドホ-ン 実にマニアックな癒し系スピーカーです。






スポンサーサイト

ハカランダ (ブラジリアン・ローズウッド)

ブラジリアン・ローズウッド、通称「ハカランダ」
ヴィンテージ・ギターと切っても切れない関係にあり、
マニアにとって垂涎の的となっております。

採りすぎて木が無くなりました!
現在は絶滅の危機にあり、伐採や販売は禁止されており、
とても貴重な材木となっております。

ギブソンやフェンダーは1965年頃まで、
マーチンは1969年頃までハカランダを使用しました。
この年を境にヴィンテージ価値の境界線となっております。
70年代以降は素材やサウンドもガラリと変わって行きます。

60年代からエレキブームにより大量生産になり、
さらに70年代以降は品質の低下も招くことになります。
(レスポールは5kgを超え、パンケーキボディも発生し、
 ネックはスリーピース、トップのカーブも薄く、ただし音は良い!!)

最近のギブソンのレスポールで2003年だけ指板で使用されましたが、
その後は使用されていません。
PRSではまだ在庫があり、現在でもネックや指板で使用されています。
ただ、数に限りがあるので結構なお値段です。


そして、このたび
アコースティック・ギター・マガジンより
そんな貴重なギターの木材のマニア本が出ました!

----------------------------------------------

う~ん、この本購入しましたが、物足りない~~
もう一歩突っ込んで欲しいなぁ。
実際にギターのどの部分に使われていてるか、
メーカー別に具体的な年代や写真で
ヴジュアルも使って紹介して欲しかった・・・残念。
次回に期待・・・




以下抜粋



永久保存版!アコギ・ライフを100倍楽しむための木材徹底ガイド~All about Tonewood

■表紙/SPECIAL PROGRAM
永久保存版!
アコギ・ライフを100倍楽しむための木材徹底ガイド
~All about Tonewood(60ページ)
アコースティック・ギターの根源である“木材=Tonewood”を徹底分析した総力特集(かつてない60ページの特集!)がメインのスペシャル・イシューです。材によってどうして音が違うのか? そもそもギターに使われる材はどのように決まったのか? 世界のどこから集まってくるのか? 同じ名前の材でもグレードはどのように分かれているのか? 板目or柾目って? 単板と合板の違いって? 現在の枯渇の危機にある材の運命は? 木に変わる代替材の今後などなど、アコギ弾きなら知っておいてほしい情報満載の保存版特集です。これを読めばアナタも立派なTonewoodマスターです。

≪CONTENTS≫
【第一部】
◎ギター材の小史
◎木材カタログ
◎木材分布図
◎木材の基礎知識 Q&A

【第二部】
◎トーンウッド・グラフ
◎ルシアー座談会(鷲見英一×高橋信治×横山正)
◎製材の現場を訪ねて(アイチ木材加工)
◎楽器用木材考察(京都大学生存圏研究所教授 矢野浩之)
◎木材の将来(Martin/Taylor/LMI/Greenpeace&c.)
◎注目の木材改質技術(YAMAHA)
◎木材インタビュー(小松原俊/川上祐介/森芳樹)
◎木材用語辞典

■PLAYING KNOW HOW
アナタの左手&右手を完全強化!
運指&フィンガーピッキング・トレーニング(CD連動/10ページ)
効率の良い運指&フィンガーピッキングを身につければ、難しいフレーズもすらすら弾けるはず。そんなエクササイズ・フレーズのみに特化したトレーニング奏法特集です。ひたすら弾くだけで驚くほどスムーズな運指&フィンガーピッキングがアナタの手に! (解説:垂石雅俊[ギターレ&エアスト主宰])

■INTERVIEW
◎中川イサト
◎チョン・スンハ

■CD特集
ザ・フィンガースタイリスト~第34回 KAI

■連載セミナー&コラム サウンドホール
吉川忠英/岡崎倫典「蛍の光」(CD連動)/打田十紀夫(CD連動)/吉田次郎(CD連動)/内田勘太郎/中村善郎(CD連動)/アーヴィン・ソモギ/寺崎誠

■BEST SONGS FOR ACOUSTIC GUITAR
「ゼイアー・レッド・ホット」ロバート・ジョンソン
「ウー・ラ・ラ」フェイセズ

■GEARS
◎TASCAM LR-10×押尾コータロー
◎豪華絢爛! ギブソン・アコースティック・カスタムの世界meets會田茂一

■その他
◎連載/田中彬博のユリイカ!
◎連載/ミュリエル・アンダーソンの音世界
◎AGMギター・グラフ~第45回 中村善郎のホセ・ヤコピ
◎TOKYOハンドクラフトギターフェス2011
◎ニュー・ギア・サウンド・チェック
◎バックナンバー/バックナンバー常設店リスト







まぁそんな貴重な木材を、私が所有したギターから写真で紹介します。


JacarandaLP53
GIBSON Les Paul (1953)
ハカランダ指板 柾目で木目はまっすぐ。


honmahoLP53
GIBSON Les Paul (1953)
ホンジュラス・マホガニー・ボディバック
これも現在は入手が困難な木材です。


R-18_neck
MARTIN R-18 (1934)
これまた指板はハカランダ


TOP
MARTIN R-18 (1934)
さらにトップはハカランダと並ぶ貴重な木
「アディロンダック・スプルース」1940年中ごろで無くなりました。
強度のために分厚くなっても軽くて抜けがよく、パワフルに鳴ります。


ヘッド
MARTIN R-18 (1934)
ヘッドのツキ板もハカランダ
ナットはマダガスカル・エボニー


weissenbornfret
Weissenborn Style1 (1920's)
すでに貴重な木材になりつつあるハワイアン・コア
ギター用に必要な大きな木はほとんど無いです。


junior22
GIBSON Les Paul Junior (1957)
まさにハカランダと言える木目の指板です
ジュニアなどは板目を使うので木目はウネります。


LG-2_neck
GIBSON LG-2 (1952)
これも指板はハカランダ


ES-125neck
GIBSON ES-125 (1959)
これまたハカランダ
ES-175も含めてメイプルトップの合板です


storatneck
FENDER Stratocaster (1966)
わかりづらいですが指板はハカランダではなく
インディアン・ローズウッドにかわってます。


mustang-neck2
FENDER Mustang (1965)
指板はハカランダです


duo-sonic-haka
FENDER DUO-SONIC (1960)
指板はハカランダ。スラブボードでクレイドット。


jaguarneck
FENDER Jaguar (1965)
しつこいですが、これもハカランダ


ハカランダ指板
Silvertone 1457 (1960's)
当時の安い通販ギターですが、これも指板はハカランダ


結局の所・・・
ヴィンテージと現代のギターは音が全然違いますねぇ~
(↑音フェチのマニアックな人限定ですヨ)
だから、手放せないのが現状です。

あっ!今70年代持って無いわぁ~ 円高で狙い目か!?
でも実際に欲しいのは60年代までなんだなぁ〜


訪問者数
アクセスランキング
音楽
204位
ギター
7位

  ↓ ↓  ポチッと一押しお願いします (^◇^)/

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

-アクセスランキングを見る-
プロフィール

リッチーエリックボーン・ペイジリックス

管理者:リッチーエリックボーン・ペイジリックス
ハードロック~ブルース、
生々しい70'sロックサウンドが大好きです。
1965年製 ヾ(^∇^)

ブログ更新カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去のブログ 分類
PB100 (1)
KAY (1)
SONY (7)
楽天市場
最新記事一覧
最新コメント一覧
私が欲しい 本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
にほんブログ村

ブログ内キーワード検索

Instagram
Twitter
リンク
私が欲しい Blu-ray DVD & CD ギター

 <発売中!>

<パープル 12/2発売>

<ストーンズ 12/2発売>

<クラプトン 9/30発売>

<ジミヘン 9/30発売>

< LED ZEPPELIN>

私の気になる etc...
このブログの人気ページ
Visitors
free counters