スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宅録・・・ 導入→打ち込み→ギターの録音 方法 (私のやり方)

打ち込み作業(DTM、宅録)はどうやっているのかと、
問い合わせがありましたので、私のやり方(ほぼ手抜き)を書いてみます。

とりあえず、簡単に今すぐ始めてみたい方向けに、多少手順を絞り込んだやり方です。
専門用語はなるべく使わないように書きました。

時間を掛けず、効率よく、素早く仕上げるのが目標です 


~ 導入準備編 ~

1)私の宅録のパターン(ロック系です)
 ・ギターは自分で弾きます。
 ・ベース、ドラム、ピアノは打ち込みます。


2)用意する機材
 ・パソコン
 ・オーディオ・インターフェース(ギターのアナログ信号をパソコンへデジタルで変換する装置)
 ・録音ソフト(Cubase,Sonar,Protools,など)
 ・アンプ・シュミレーター(GuitarRig,POD,Amplitube,などのソフト)
 ・ギター、ケーブル(ギターはもちろん、ケーブルの性質もサウンドへ影響します!)

 ※ オーディオ・インターフェースについて・・・
   色々と発売されていて、どれが良いのか正直わかりません。
   手のひらサイズの小さい方が、場所を取らず良いかも知れません。
   マイク録りされるなら、XLRマイク入力対応がノイズが乗らず良いです。
   5000円位から発売されています。

 ※ 録音ソフトについて・・・
   オーディオ・インターフェースなどを新品で購入すると、体験版の録音ソフトが
   付属する場合もあるので、機能に制限がありますが、とりあえずそれでOKです!
   「音質」や「拡張性」は不明?なものの、フリーソフトもあるようです。

   私の古い?Cubase5では、32bit、9600Hzの高音質なWAVデータが出力できます。
   ただし、VOONで公開するときにMP3(300kbps)へ変換するので、多少劣化します^^;

   録音ソフトの凄い所は、
   ギター演奏を録音したときはマーシャルでも、後から全く違うアンプに差し替えが可能です。
   1回録音した演奏をコピーして、右はマーシャル、左はフェンダー同時再生なんて「簡単」。
   エフェクターも後から「簡単」に追加・削除できます。
   理由は、ノンエフェクトのライン入力でのギターの音だけを録音しているからです。

 ※ アンプ・シュミレーターについて・・・
   ギターアンプとエフェクターに相当します。
   これも、どれが良いのかわかりません。
   昔からあるペダル式エフェクターでも、一応代用は可能です。
   キャンペーンや体験版のアップデートで安くソフトを購入できる場合があります。
   探せばフリーソフトもあるようです。

3)ソフトのインストール
 ・オーディオ・インターフェース付属のドライバーソフト
 ・録音ソフト
 ・アンプシュミレーター・ソフト(録音ソフトより後でインストールします)


4)録音ソフトのデバイスの設定
 ・これはコンピューター的な部分なので、パソコンが苦手な方は音が出ません。
  マニュアルを見ながらなんとか頑張ってください。 とりあえず、音が出ればOKです!
  もし音が出なくても、後で設定できますので次へ進みます。



以上で準備は、おおよそ完了です。






~ 打ち込み編 ~

打ち込みとは、楽譜をパソコンに登録していく作業と考えます。

真剣に入力すると、大変な作業になるので、なるべく手抜きをします。

バンドスコアをスキャナーで取り込むと、自動でデジタル音楽へ
変換してくれるソフトもあるかとは思いますが、それはさて置き、

ここでは私の知る、最小限の労力での、打ち込み方法をCubaseを使って書きます。



1)打ち込みをしない方法

  打ち込みなのに、打ち込みをしない方法があります。
  出来あがったMIDIデータを録音ソフトに読み込むだけで完成します。
  この方法が最も簡単に始められます。打ち込みの仕組みも理解できます。

  ・一曲210円で、YAMAHAのサイトで購入します。
   これを読み込むだけで、打ち込み作業が不要になります。
   ただし、欲しい曲が販売されていない可能性があります。
   ヒット曲などは、こちらが手っ取り早いです。

  又は、

  ・著作権に注意しながら、Webから検索後、ダウンロードして使用します。
   この時、ウィルス感染にも特に注意してください。
   MIDIデータは 「~~~.MID」の拡張子です。


2)打ち込みする方法

   該当の曲が見当たらない場合は、自分で打ち込みます。

 ・それでも、ドラムだけは何としても打ち込まない方法

   ドラムだけは「ドレミの音階が無い」ので、打ち込みをせずに、
   ドラムソフトを別途購入し、フレーズのパターンを小節単位で
   ドラッグ&ドロップで貼り付けて、完成させる事もソフトによっては可能です。
   ドラムは、最もコンピューター化が進んでいる楽器だと思います。

   私の場合は、ドラムソフト「SuperiorDrummer」にその機能があり、
   打ち込む手間を省けます。
   8000通りのMIDIのドラム・フレーズを収録しているそうです。
   ただ、録音ソフト側にも貼り付けの対応をしている必要があるので注意が必要です。

   ドラムは、楽譜通りに打ち込んでも、ノリやグルーヴを出すには難易度が高く、
   フレーズデータを持ったドラム・ソフトがあれば、リアルなドラミングをいとも簡単に得られ、
   本格派サウンドも付属していて、完成度に多大なる影響が出ます。



 ・ドラムを打ち込む方法


DTM1
   ①~④で、ドラムの打ち込み領域を作成します。


DTM2
   鉛筆ツールがダメなら、左の範囲指定を使って作成します。
   ダブルクリックすると ↓ 次の画面が出てきます。

DTM3
   この画面で、ドラムを打ち込みます。

   マウスで「赤色」の部分の線を引きます。簡単に言うと「これだけ」です。  


   もう少し、詳しく書きますと、

   ドラムはドレミの音階は無いのですが、
   打ち込みの時は、録音ソフト内の画面左にある「鍵盤」や「マウス」で打ち込み作業をします。

  例)
   ド・・・スネア
   レ・・・バスドラム
   ミ・・・シンバル

   などと録音ソフト内の鍵盤に音が割り当てられていますので、
   上図のように録音ソフトのドラムの部分の座標に登録していきます。

   繰り返しのリズムの場合は、マウスで「赤線」部分を範囲指定でコピーし、
   貼り付けたい位置で貼り付けて、効率的に作業を進めます。
   もちろん、以前に作ったフレーズでも貼り付け可能です。

   あとは、ひたすら一曲になるまで作業を続けるだけ。


※ 私はピアノの鍵盤で入力していますが、
   普通はドラムエディタで入力します(MIDI→ドラムエディタで開く)



   
  
ベースやキーボードの打ち込み

 ここでは詳しくは書きませんが、
 ドラムとは別の領域を作成し、ドラムと同様に、録音ソフト内の領域に
 楽譜の通り、ベースやキーボードの座標へそれぞれマウスで入力していきます。

 
 ※ 楽譜から入力する場合、
  #(♭)があれば、その音階を半音上(下)げて入力します。
  ♮の場合は #、♭は無視してそのまま入力します。



※ 打ち込みの作業は多大な時間を消費しますので、
   作業効率を上げる為に、コピー貼り付けや、過去のデーターや、
   MIDIデータ、ドラムソフトなどを有効に活用し、慣れるまでは
   ギター演奏の時間を多く作ることが有効だと私は思います。







~ ギターの録音編 ~


バッキングが出来たら、ギターの録音です。
バッキングの作成がまだ途中でも、並行してギターを録音してもOKです。

私は、最初に買ったオーディオ・インターフェースに、
体験版のGuitarRigが付属していて、今はアップグレードして使っています。

GitarRig5Proは
マーシャル、フェンダー、VOX、オレンジ、ジャズコーラス、
メサブギー、ソルダーノ、5150など、17台のアンプ、
27台のキャビネット、54種類のエフェクトと多彩な音作りが楽しめます。

GuitarRigはとにかく操作が簡単で非常に使いやすく、単体でもいい音がします。
ハムバッキング系のギターと相性が良いと思います。
シングルPU系だと若干トレブリー気味なので、アンプなどで高域を抑えるか、
高域の出にくいギターケーブルを研究し選んで使うとグッと良い音になります。


スーパーギターリスト風のセッティングも多く収録されており、
メーカーHPのユーザーデータのコーナーからセッティングをダウンロードして
自分の好みに修正して使うことも可能です。

無料の体験版がありますので利用するのも良いかも知れません。


他社のPOD-HDなども音がよさそうです。 お好みで使ってください。



ギターの録音の操作は簡単です。
作成した打ち込みを再生しながら、それに合わせてギターを演奏して録音します。
何度失敗しても、それらの演奏は残しつつ、何度でもやり直しが可能です。


例)GuitarRigで録音する場合の操作例

ドラムの打ち込みではインストゥルメントトラックを追加しましたが、
ギターの録音ではオーディオトラックを追加して下の画面に進みます。

DTM4
次の画面に変わります ↓

DTM5
私の場合はGuitarRigを呼び出します。

DTM6
上の操作で録音を開始します。
録音したギターを再生する場合はスピーカーマークをクリックし色を消します。


※録音をやり直す場合は、前回の録音は上書きで消えるので、
  残す場合は、ドラッグしたりして消えない場所に移動しておきます。



録音が終われば、仕上げに、各楽器の音量バランス調整、
(各楽器の音量の上げ下げの場所や、エフェクターのON、OFFの場所も記憶出来ます)
ぐらいで、とりあえずは完成する事になります。

慣れてくると、一連の作業は早くなります。

※音量バランスをとるときに、例えば「ドラムの音量が足りないなぁ~」と思うけど、
 すでにドラムの音量はMAXだし・・・これ以上音量は上げれない場合の対処方法として、
 ドラムの録音トラックをコピーして、もう1つ同じ録音トラックを増やせば音量は2倍?になります。


こだわる方は、さらにリバーブ、ディレイ、イコライザー、コンプレッサーや
左右の配置など、さらに細かい作業が他にもたくさんあると思います。



YAMAHAQY300
昔はこんなの使ってました!(YAMAHA QY300)



以上、非常に簡単ではありますが、これらが打ち込みや録音の作業になります。


なにか、ご不明な点は質問して頂ければ、この記事に追記していきたいと思います。




スポンサーサイト

SONY MDR-CD900ST を購入


超~有名なSONYの密閉型ヘッドホン 
 MDR-CD900STを購入してみました。

MDR-CD900ST

このようなモニター用ヘッドホンは
今まで、全く使用したことが無かったので、
初めて使ったときに、

「なんじゃ? コレ~!! 失敗したかも?」

「よくこんなのみんな使ってるなぁ~~」と思いました。

低音は弱めで、まったく物足りない感じ・・・
ギターの音もイマイチ。
リスニング用ではないので、
市販のCDを聴いても全然いい音とは思えず、特殊な音です。

ただ、音の分離や解像度はよく、各パートがはっきり聴こえます。
ノイズやエフェクターの違いも逃さないそうです。

名機と言われているので、何とか使いこなしてみたいです。


→ 使っていると、耳が慣れてきました
   逆に、普通のヘッドホンでは全体的にモーモーサウンドに聞こえ
    CD900STではアンサンブルの中でもギターがとても弾き易く感じます。
     (ギターの音色はイマイチのままですが・・・)
    ただ、空ピッキングは埋もれて聴きづらいような・VOL上げればいいか。



パッケージ
MDR-CD900ST-2
パッケージは白箱とビニールに包まれているだけの簡素なもので、
製品保障もありません。(初期不良は販売店へ問い合わせ)


イヤーパッドの使用感は、耳がすっぽり収まりますが、
耳たぶまで全部は収まらず、パッドで両サイドから押さえる形です。
重量は200gで軽いです。


今後、DTMで使っていくうちに良さがさらに解ってくることを願いま~す 


サウンドハウス
SONY / MDR-CD900ST
 14,600
SONY MDR-CD900ST


TASCAM DR-40 で ギターを録音 その1


手頃な価格のコンデンサーマイクを探していたら
録音も簡単に出来きた方がいいなぁと思い、
TASCAM(TEAC)リニアPCMレコーダーDR-40を買っちゃいました


DR-40

コンデンサマイク(単一指向性)付きのICレコーダーです。

24bit/96kHz WAV、BWF、MP3形式で録音できます。

4チャンネル(2ステレオ)仕様なので
複雑なことはできないものの
簡易4トラックMTR的な事が出来ます。
小さいので持ち運びにも便利です。

外部マイク2本をつなぐと4ch同時録音や
事前録音の2chステレオを再生し
残りの2chへ内蔵マイクでオーバーダビングすると、
元のファイルは残し、追加型で記録されるので
何テイクでもレコーディング可能です。


SDカードへ保存していくのですが、
USBケーブルでパソコンへつなげるので、
MIDI同期はできないものの、DAWへ取り込めます。

他に
・再生スピードコントロール0.5倍~1.5倍(0.1倍単位)キーはそのまま
・リバーブ(HALL 1、HALL 2、ROOM、STUDIO、PLATE 1、PLATE 2)
・レベル調整も可能で音割れ対策も万全。
・チューナーが付属します。



TASCAM PCMレコーダーいっぱいあるけど安いのでいいかも


↑ ↑ 同一メーカーで他の機種は現在
・DR-05(2ch、無指向性)
・DR‐07MKⅡ(2ch、単一指向性、簡易ミキシング)
・DR-100MKⅡ(2ch、単一指向性&無指向性)
などが有りますが、
4chはDR-40だけのようです。


小型MTR


少し金額を足すと4chや8ch小型MTRも選択肢に入り
単体で高度な事もでき魅力的です。
・DP-004
・DP-008
2ch内蔵マイクは無指向性



ローランドやZOOMでも同様のMTRがあります。
こちらはドラムやギター用のエフェクター付きでお徳!



これは良さそう♪
約300種類にもおよぶ多彩なジャンルのバッキング・データや
オーディオ・ループを収録、ギター練習や楽曲制作にも活用




どれにするかすごく迷います~ ^^;

バンドを組まれている方は一発録りの
DR-05が簡単でいいかも!?





サンプル音源

[VOON] hotelcal-slow-long
あの有名な ソロ 0.5倍速にしてみました
耳コピで役立ちます。
やっぱりプロのヴィブラートは違いますなぁ~


ギターを録音したレポートは、後日紹介したいと思います。


やりたいことが一杯ありすぎて、
能力が追いつかな~い


Native Instruments KOMPLETE AUDIO 6 届きました

Native Instruments KOMPLETE AUDIO 6
オーディオインターフェースが昨日届いたので
現状でのレポートです。

NATIVE-AUDIO-6

・以前から問題があったレイテンシーの遅延
(弾いてから遅れて音が聴こえる)ですが、
この機種ではデフォルト状態でほぼ解消されました。

・レイテンシーはドライバーの設定でバァッファーを短くすればするほど
解消されるようですが、あまり短くするとパソコンのスペックが必要で、
ノイズが乗ります。ただ理論上、ゼロは無理だそうです。

・この機種に搭載されたゼロ・レイテンシーを実現する
ダイレクト・モニタリング・アウトですが、
アナログモニター出力で実現していて、
この機種ではどうもスピーカーアウトだけに対応しているようで、
ヘッドホンには対応していないようにも感じますが、設定があるのかも。
ただ全く問題ない程度のわずかな遅延です。

・問題が2つあり、時々ノイズが乗るのと、
GuitarRigでたくさんのエフェクターを掛けたプリセットサウンドを選ぶと、
瞬間的にパソコンへの負荷が100%を超える時があり1秒くらい音が出ません。
ドライバーの設定調整でMAXでも60%まで下がり途切れなくなりました。
今の所、問題ないサウンドで録音して後でサウンドを差し替えて対応しています。

GUITA RIG5 と 前のバージョン RIG4 で比べると
RIG4の方が全体的に軽く、パソコンへの負担が若干軽いので
古いパソコンでは完全とは言えませんがノイズが出にくいです。

どちらにしても、パソコンのCPUのスペックは結構必要で、
私のスペック VISTA Core2Duo 2.4GHz メモリー4GBでは
スペック不足で、不安要素を抱えながら、だましだまし使っているところです。


YAMAHAのAPXT-1 エレアコのミニギターで
ワンフレーズだけ録音してみました。


[VOON] APXT-1

最後に問題のノイズが2つプツプツ入っています ^^;


YAMAHA APXのミニギター
ナット幅が42mmでスケールが600mmもあり
ギターとしてちゃんとしています。
生音は全然ダメですが、ピエゾピックアップは
なかなかイイです~♪



Native Instruments KOMPLETE AUDIO 6 キャンペーン 特価 買っちゃう♪

komplete-audio-6

オーディオ・インターフェースのNative Instruments KOMPLETE AUDIO 6
が期間限定2011年12月31日まで キャンペーン 特価!
¥33,800 → ¥19,800

今の安物オーディオ・インターフェースのレイテンシーが恐ろしく遅く、
ギターを弾いてから0.5秒くらいのディレイ状態の遅延に
ずっと苦労しておりました。
いつか買ってやろうと狙っていたら、2011年5月発売の最新型、
やっぱりキャンペーンが始まりました。

Guitar Rigと同じメーカーなので相性もいいだろうと。

入力信号をパソコンを経由せずに出力できるダイレクトモニタリングアウト機能で
ゼロ・レイテンシーも可能だとか!

イライラ解消に、買うっきゃない!ってことで注文しました。

問題はパソコンのスペックが足りるかですが、足りなかったらまた考えよう!


※Native Instruments は夏や11月頃にソフトの割引キャンペーン
をする事があるので、GuitarRigProやその他のソフトが
半額で買えたりするのでホームページ要チェックです!!


komplete-audio-6-2



システム要件
Mac Mac OSX10.5または、10.6(最新アップデート)
IntelR Core Duo、2GB RAM
Windows Windows XP(最新Service Pack、32 Bit)、Windows VistaR/Windows7 (最新Service Pack, 32/64
Bit)、Intel Pentium4 2.4 GHzまたはIntelR Core DuoまたはAMD Athlon64、2 GB RAM
その他 1024 x 768のスクリーン解像度のモニター、USB 2.0、DVDドライブ

付属ソフト
・KOMPLETE ELEMENTS - 3GB以上の刺激的なインストゥルメントとエフェクトを搭載
・シンセサイザーのためのREAKTOR 5 PLAYER
・アンプ、キャビネット、エフェクトのためのGUITAR RIG 5 PLAYER
・サンプリングされたインストゥルメントのためのKONTAKT 5 PLAYER
・CUBASE LE 5 - シーケンサーとレコーディングのソフトウェア
・TRAKTOR LE 2 - DJソフトウェア
・30USドル / 25 ユーロのeクーポン - KOMPLETE InstrumentsまたはEffectsをオンラインショップ*でご購入いただけます

Amazon


楽天市場



訪問者数
アクセスランキング
音楽
312位
ギター
11位

  ↓ ↓  ポチッと一押しお願いします (^◇^)/

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

-アクセスランキングを見る-
プロフィール

リッチーエリックボーン・ペイジリックス

管理者:リッチーエリックボーン・ペイジリックス
ハードロック~ブルース、
生々しい70'sロックサウンドが大好きです。
1965年製 ヾ(^∇^)

ブログ更新カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
過去のブログ 分類
PB100 (1)
KAY (1)
SONY (7)
楽天市場
最新記事一覧
最新コメント一覧
私が欲しい 本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
にほんブログ村

ブログ内キーワード検索

Instagram
Twitter
リンク
私が欲しい Blu-ray DVD & CD ギター

 <発売中!>

<パープル 12/2発売>

<ストーンズ 12/2発売>

<クラプトン 9/30発売>

<ジミヘン 9/30発売>

< LED ZEPPELIN>

私の気になる etc...
このブログの人気ページ
Visitors
free counters