スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TASCAM DR-40 で ギターを録音 その2


TASCAM(TEAC)リニアPCMレコーダーDR-40で録音してみました。
家録りで、外では車もガンガン走っていますが大丈夫でした。

R-18-rec_s

ギターはマーチンのR-18(1934年製)です。
00サイズで小さく、とても抱えやすいです。(ギブソンのLGサイズ並)
サスティンがあまり無く、低音も少なめですが、
よく枯れていて、完全にブルース向きのギターですねぇ


いつもながらの雑な演奏デス・・・  指弾き1テイク一発録り~間違えまくり~

[VOON] R-18
DR-40にて録音、エフェクトを掛けず、あえて無加工です。



エフェクト処理後・・・

[VOON] R-18-RV-COMP-EQ
音作りの上手な、よねちゃんさんにアドバイスを頂き
リバーブとイコライザーとコンプレッサーも掛けてみました。
う~ん、音作りは昔から苦手じゃ~



マイクは2つあるので、サウンドホールと12フレット側に向けました。
机の上に置いたマイクに大接近(それでも20cmくらい)で録ったので
前のめりで、とても弾きにくかった・・・


タスカムDR-40はクセの無い、素直な音で録れていると思います。



ちょっと高いですね~


スポンサーサイト

Martin R-18 1934年製

TOP: Adirondack Spruce carved top(アディロン)
SIDE&BACK: Mahogany
NECK: Mahogany "V"Shape(三角ネック)
FINGER BOARD: Brazilian Rosewood(ハカランダ)
DOT: Pearl
FRET: Bar Frets(バーフレット)
NUT: Madagascar ebony(マダガスカル・エボニー)
BRIDGE: Brazilian Rosewood
PICK GUARD COLOR: Tortoise
POSITION MARK: Dots
TRIM: Black and White Cell
TUNER: Grover Open-Gear / Nickel(グローバー)
NUT WIDTH: 44mm
SCALE: 632mm
WEIGHT: 1.5Kg(軽い!)

R-18

<サウンド♪>

マーチンでは珍しいアーチトップボディ

プリウォー、ゴールデンエラ期のマーチンです。

1934年(昭和9年)76年前の古いギターですが、
フルオリで、とてもいい雰囲気のオーラがあります。

1932年から00-18Sという名で販売され
1933年からR-18に名前が変り、当時$50で販売。
00-18は$45、
000-18は$60、
000-28は$90で販売していたそうです。
当時は00-18よりR-18が上位機種だったんですねぇ~

R-18_neck

当時は格下?だった00-18が
現在は70万円くらいで売られていますが、
このモデルは素材は同じでも不人気で安いです。
マーチンは、人気、不人気の価格差の開きがあまりに激しい~

サウンドはものすごく枯れていて、ヴィンテージマーチンサウンドの系統。
思っていたよりは大きな音。サスティーンはあまり無く
ブルースによく合うサウンドです。

余韻と言うかリバーブもあり上品でシャリンと鈴なりです♪
静かなところで弾くと音がいいのが解ります
反応もメッチャ早く、(音のヌケが)気持ちよく鳴ります。

音量はES-125より大きく、LG-2より小さい感じ。
高音は前へ良く出ます、
低音は控えめでストロークだとちょっと軽めですが、
指で弾くにはマホガニーのメチャメチャいい余韻が響きます。
アーチトップですが、繊細なのでアルペジオもOK。
ストロークもジャキジャキ鳴ります。

ヴィンテージギターは雰囲気や時代やそのオーラを楽しめるので、
こりゃ最高!ですな!

このスペックのレプリカを現代で再現するとなると、
けっこうな値段になりますので、
とてもお得なプリウォー マーチンであります!


BODY
ボディは乾燥しきっていて、とにかく軽い!
ボディよりネックの方が重く感じる位で
丁寧に扱わないと簡単に割れそうな気がします。
イメージ的には発泡スチロール製のお寿司用の
折り詰め弁当箱のようなデリケートな軽さ。

トップはアディロンダックスプルース単板を少し曲げてあります。

ブリッジ
テールピースにMartinの刻印があります。

TOP
この年代のマーチンのトップ材は
普通にアディロンダックスプルースを使用
厚みがあっても凄く鳴る素材だそうです。

現在はシトカスプルースに代わっています。
なんと!まな板などに使われている比較的安い素材だそうです。

ヘッド
ヘッドと指板はハカランダ材
ナットはマダガスカルエボニー材 
バーフレットが写真で確認できます。

フレットの見た目はまるで太い針金が指板に埋まっている様で、
無骨なインパクトを感じます。
リペア泣かせでもあります。

バーフレットはこの1934年が最終年で、
翌年から製作のコストダウンや
フレット交換が困難な事から廃止になります。
当然サウンドも変わってくるのでしょうね。

ヘッド裏
ヘッド裏には1935年頃まで刻印されたナザレスの刻印と、 
グローバー製オープンチューナー

サイド
アーチトップ仕様のため
ネック仕込み角度がけっこうあります。

ボディ裏

裏から見ると00-18にソックリです。
違いはアーチトップと、ネックの仕込み角度、
 ピックガード、ブリッジ、テールピースぐらい。
3フレットあたりからソフトな三角ネックになっており
手になじみ、とても弾きやすいです。
個人的にはギブソンよりも絶妙なネックと思います。

2010年 購入
訪問者数
アクセスランキング
音楽
136位
ギター
7位

  ↓ ↓  ポチッと一押しお願いします (^◇^)/

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

-アクセスランキングを見る-
プロフィール

リッチーエリックボーン・ペイジリックス

管理者:リッチーエリックボーン・ペイジリックス
ハードロック~ブルース、
生々しい70'sロックサウンドが大好きです。
1965年製 ヾ(^∇^)

ブログ更新カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去のブログ 分類
PB100 (1)
KAY (1)
SONY (7)
楽天市場
最新記事一覧
最新コメント一覧
私が欲しい 本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
にほんブログ村

ブログ内キーワード検索

Instagram
Twitter
リンク
私が欲しい Blu-ray DVD & CD ギター

 <発売中!>

<パープル 12/2発売>

<ジミヘン 9/30発売>

< LED ZEPPELIN>

私の気になる etc...
このブログの人気ページ
Visitors
free counters