スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GIBSON Vintege Acoustic Guitar 聴き比べ

ギブソンのヴィンテージ・アコースティック・ギターを
ほぼ同じ条件で弾いておられる方がいたので、
動画をそのまま拝借しまして、
購入時の参考になればと、紹介していきます♪

非常にありがたいです!!

順番にサウンドのグレードを上げていきますので、
違いを確かめていきましょう♪


GIBSON L-48 1949年製
アーチトップのエントリーモデルです。
スプルース・トップ、マホガニー・サイド、メイプル・バック
低音が詰まった音ですが、
ブルース・プレーヤーはこの音を好みます。
渋い音だなぁ~




GIBON LG-0 1964年製
ラダー・ブレイシングでオール・マホガニーなのでやわらかい音
サウンドホールが大きいので音が大きくなります。
LG-0は安くてお徳なモデル。 なかなかいい音してますね~




GIBON LG-1 1964年製
ラダー・ブレイシングで、コレもブルースに合いますねぇ~




Gibson LG-3 1955年製
XブレイシングでLG-2の色違い
いきなり、今までより上質なサウンドですね~サスガ!




GIBON B-25 1962年製
XブレイシングでLG-2の60年代バージョン
いきなり、激鳴り!!60年代の音です!
B-25は比較的安いので注目ですね~♪
アジャスタブルのセラミックサドルが歯切れがいいんですよ~




Gibson HUMMING BIRD 1966年製
ギブソンのドレッド・ノート・サイズ
形がスクエアー・ショルダーなのでサウンドもマーチン似?
音もデカそう。



GIBSON J-45 1956年製

本格派サウンドJ-45の50年代物
言うこと無し!



GIBSON J-45 1967年製
J-45の60年代物
鳴ってますな~♪これはエぇ~音!




Gibson J-200 1964年製
スプルーストップ、メイプル・サイドバック。
最高級モデル J-200 音も最高
ブリッジがチューン・オー・マチックなのでワイルドです♪
鳴らないメイプルが激鳴りです。恐るべしJ-200
とてもリッチなサウンドです。




最後にブルース・スプリングスティーン1995年の
8日間のレコーディング模様のドキュメントです。
ボロボロのJ-45を弾いてメンバーに曲を伝え、
みんながその場でコードを採譜しています。
当時46歳の"ボス"はおっさん過ぎます!!

おっと!僕と同じ年だ!! ヽ(゚ロ゚;)!


ギブソンのアコースティックもいいでしょ?
スポンサーサイト

GIBSON LG-2 1952年製

TOP: Spruce
SIDE: Mahogany
BACK: Mahogany
NECK: Mahogany
FINGER BOARD: Brazilian Rosewood
FRET: Vintage Small Type
NUT: Delrin
BRIDGE: "Changged"
PICK GUARD COLOR: Tortoise
POSITION MARK: Dots
TUNER: Kluson
BRACING: scalloped "X" bracing

LG-2-20

小ぶりで弾きやすいです。
J-45の小型版で音の系統は似ています。
枯れてて50年代特有の箱鳴りがします。
ピックでコードをゆっくり弾くと高音がきれいにシャリーンと響き、
低音をズンズン弾くとボディ裏に結構振動が響きます。
とにかく鳴ります!
指弾きでも暖かい和む音がして、
スキャロップ・ブレイシングでとてもいい音のするギターです。

LGシリーズは4兄弟で、私の感覚では
LG-0はマホガニートップのラダーブレーシングで低音が詰まった感じ
LG-1はスプルーストップのラダーブレーシングでLG-0より高音が響きます
LG-2はスキャロッブドブレーシングで、低音が広がるように響きよく鳴ります。
LG-3はLG-2のナチュラル色バージョンになります。

60年代になると、LG-2は名前がB-25に名前が変わります。
60年代のサウンドは歯切れが良く軽快にジャキジャキ鳴ります。
60年代もナイスサウンドです!
(J-45を含め60年代は合板サイドが影響してるのかな)

LG-2_neck

価格はマーチンほど高騰せず安定しています。
人気は迫力のあるJ-45へ行っていますが
家で弾くには小さくて扱いやすい、こちらで充分だと思います。

10万円台なら買いではないでしょうか?
 → 最近状態のいいものは高騰してますね
(まだ安くて音の良いB-25が一番の狙い目では??)

LG-2-10
マホガニー・バック


LG-2-11
キズが多いオンボロですが、音はスゴイです!
スモール・ピックガード1955年からラージ・ピックガードになります。


LG-2-12
ヘッド


LG-2-13
貫禄のあるネックです。ナット、フレットともにオリジナル
ガッツリ太めのネックで1965年頃からエレキと同じで細くなります。


LG-2-14
シリアルNo. Z3097 33 で1952年製となります。


LG-2-15
LG-2のスキャロップド X ブレイシング
1955年からブレイシングがスキャロップドから
ノン・スキャロップドへと変更されます。
(意外に作りは荒いですね~! でも、音は最高です♪)


1998年頃 4万円で購入 当時私は33才でした。 

訪問者数
アクセスランキング
音楽
142位
ギター
4位

  ↓ ↓  ポチッと一押しお願いします (^◇^)/

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

-アクセスランキングを見る-
プロフィール

リッチーエリックボーン・ペイジリックス

管理者:リッチーエリックボーン・ペイジリックス
ハードロック~ブルース、
生々しい70'sロックサウンドが大好きです。
1965年製 ヾ(^∇^)

ブログ更新カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
過去のブログ 分類
PB100 (1)
KAY (1)
SONY (7)
楽天市場
最新記事一覧
最新コメント一覧
私が欲しい 本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
にほんブログ村

ブログ内キーワード検索

Instagram
Twitter
リンク
私が欲しい Blu-ray DVD & CD ギター

 <発売中!>

<パープル 12/2発売>

<ストーンズ 12/2発売>

<クラプトン 9/30発売>

<ジミヘン 9/30発売>

< LED ZEPPELIN>

私の気になる etc...
このブログの人気ページ
Visitors
free counters