スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PRS に CRAZY PARTS を 装着してみました。


新しいギターを手に入れると、
パーツ交換がしたくなります 
あんたも好きねぇ~   まぁ、遊び心も大切という事で


ドイツより「Crazy Parts」を取り寄せました
価格はユーロ安の恩恵で、安く買えました。


crazyparts

これは、高級ジュエリーメーカーのファクトリーで
加工・仕上げられるそうで、丁寧な仕上がりです。
PRSのプライベート・ストックでも使われる事もあるそうです。


crazyparts-2

「スネークウッド」というアマゾン川周辺に生育するとても貴重な木で
斑点模様の部分は限られ、きれいな模様ほど高価です。



ヘッド
PRS-head3-s
このシャーラーのロック式ペグよく出来てますね♪
ほとんど巻きつけ無しです。
                 
PRS-head1
高級感が出ました。ロッドカバーは効果大でオススメ!
ペグは見た目はいいけど、もっと面取りして欲しなぁ。



エスカッション
PRS-escussion
「エスカッション」は無垢の材だったので
「蜜蝋ワックス」と「亜麻仁油」で磨きました。

う~ん、エスカッションの色がTOPと同系色だったので
ちょっと、失敗?? 
いつかメイプルかローズウッドかコアと交換だな・・・



PRSお持ちの方は気分転換にいかがでしょうか??
どちらにしても、自己満足でございま~す



snakewood-pen

それと、スネークウッドのボールペンも持ってまして、
お気に入りの木材で出来たペンもいいですよ!




スポンサーサイト

サステイン 比較! PRS vs Gibson Les Paul



PRS-AMP_s
PRSを真空管アンプのクリーンで弾くと
レスポール・スタンダードよりも「ツヤ」のある心地よいサウンドでした。

ただ、アンプシュミレーターのディストーションでは、
レスポールの方が圧倒的な「重低音」でワイルドでした。

どちらもそれぞれ良い所があります。


PRSはサステインがあって、弾いてて気持ちいいなぁ~と感じます。
でも、トレモロ付きだし、ダブルカッタウェイで不利なはず。

でも本当にサステインがあるのか、レスポールと比べてみました。

比較のギターは・・・
 「レスポール・スタンダード1995年」「PRS Custom22 2003年」
  どちらも改造は無し。

ただ、条件を完全に同一にするのは難しく、
ほんのお遊びの比較です



LESPAUL1995PRS-1_ss
左)レスポール 右)PRS 6弦

[VOON] PRS-SASTIN
結局、よく分からないので、
弦振動ではないですが、音量を波形にしてみます。↓ ↓



音量波形-6弦
サステインLP-PRS-1
意外や、ほぼ同じくらいのサステインの長さでした
ただ、耳で聞くとレスポールの方が永遠?に鳴り続けます。
アタックはレスポールが強いようです。



音量波形-1弦
サステインLP-PRS-2
逆に1弦はPRSの方が少しサステインがあり、音量もあります。
実はこのレスポールの1弦は、前から支障は無い程度に少し鳴りが悪いです。
PRSにツヤを感じたのは1~3弦側のヌケが良いからでしょう。





周波数の比較要望が「ぶりさん」からありましたのでやってみました!
グラフの波がすごく揺れてムラがあり、あまりシビアではありません。


周波数 6弦 (画像が荒い場合はクリックしてください)
PRS-spectra-6
低域、中域はレスポールが出ているような感じです。
200~300HzはPRSが出ています。



周波数 1弦
PRS-spectra-1
私のレスポールは1弦の低域が出ていない事が判明!?






ノブ
PRS-KNOB1_s
PRSのスピード・ノブ(左)が
2008年頃からランプシェード・ノブ(右)に変わりました。
PRSは2011年の途中からモデルチェンジがあり進化しています。



PRS-KNOB_s

交換してみました


<結論>
PRSのサステインはレスポールと変わらない優秀なものでした。
たぶんストラトだと、あまりサステインは無いと思うのですが・・・

PRSはアームもあり、ハーフトーン風で鳴らせるので
ストラトに似たサウンドで、より太い音で鳴ります。

さらにPRSはメイプルトップ+マホガニーボディ・ネックで、
ハムバッキングPUで鳴らすと、
きれいに各弦がバランスよく鳴るので
お上品系にしたレスポールのような音が出ます。





Paul Reed Smith Custom 22


ポール・リード・スミス Custom 22 買っちゃいました~

PRS-1_ss


で、これ タートイス・シェルという色 

キルト・トップもいいけど、カリー・メイプルの
少し太めのフレイムが気に入りました。
 人生、初トラです 


本当はピンクやオレンジなどの鮮やかなカラーが良かったのですが 
新品では売っているけど、とにかく高くて簡単には買えません!!

かなり大ざっぱに言うとレスポールに似てます。
サステインも、かなりあります。


レスポールと比べた場合ですが、
ギターソロなど、単音ではかなり似た音質で、
パワーコードになると若干トレブリーになり、
弦が暴れる荒々しさは控えめで、タイトにまとまった音。
さらに、トレモロ付きでもサステインは大差なく優秀。
ピックアップ・セレクトのバリエーションが多く、
ボディも薄くて軽く、ハイポジションは弾き易いです。
ただ、個人的にサウンドはレスポールの方が好みですが・・・
私が使いこなせてないだけで、音はかなり良いです!


重量 3.6Kg


PRS McCartyⅡデモ演奏

左の人はポール・リード・スミス氏
2008年に登場するMcCartyⅡは、スイッチを切り替えるだけで、
1960年代初頭のシングル・コイル独特のクリアなサウンドから
ヘヴィメタル・サウンドまで、自由自在に操ることができるそう。


PRS Mira デモ演奏

Miraのサウンドもいいですね。
Miraは、マホガニー・ワンピース、24フレットのセットネック。


Custom 24 デモ演奏

これまた好みの音ですね~。
サウンド・バリエーション、すごいです。
ストラトっぽい音も出てますね~


SC245 デモ演奏

シングルカッタウェイでレスポールを意識したサウンド
スケールはギブソンとほぼ同じ。いい音ですね!!
ギブソンから訴訟問題に発展したギター。


(特徴)

Custom 22 とは
「ダブルカッタウェイ」で、「22フレット」になります。
ストラト、レスポールどちらを弾く人にも考慮したシェイプです。
2009年まで生産され、現在は生産中止モデルです。

Custom 24 の方は
「24フレット」仕様でスケールは同じでもネックが長いので
ブリッジやピックアップの位置が違います。
PRS代表モデルのようです。


ネックのスケールは25インチで
ギブソンとフェンダーの中間になります。


PRS-2_s

Custom22のネックは厚みや幅を選べ
「ワイドファット」、「ワイドシン」があります。
コレは「ワイドファット」でナット幅は42.8mm、
レスポールのネックシェイプにとても似ています。


ロックング・チューナー・ペグはシャーラー製です。
2008年頃から、ゴトー製に変ったようです。
2012年仕様からペグがオープンバック型へ変更されました。


機種によってヘッドの厚みやヘッドの角度を設定するこだわり。
逆にヘッドにはギブソンに多い付き板を使用していない。


PRS-3_s

ポジションマークは「ムーン・インレイ」と言われるもので、
アバロンとホワイト・パールを組み合わせて三日月を表現しています。

「バード・インレイ」はオーダー時の追加オプション扱いで、
3Fがハヤブサ、7Fハチドリ、17Fスズメなどの形をしています。

フィンガーボード面に10インチのアールの丸みを付けるのは
そのすべてが手作業によって行われています。
フレットの打ち込みには必ず接着剤を使用。



PRS-4_s

バインディングは無くトップ・サイドは着色せずに、
メイプルトップがバインディングに見えるような造り。
トラの断面が少し見えます。


ピックアップ
Custom22は「ドラゴンⅡ」搭載、
 50'Sギブソンよりパワーアップしたもの。
との事ですが、すごいパワーです。
2012年仕様から「59/09」などに変わりました。


サンプル・サウンド(ディストーション)

[VOON] PRS-REAR
Custom22 リアピックアップにて

音質は独特で、鼻が詰まったような?硬い音??


アーム
(エクセル・マシン・アンド・ファブリケーション製)
ストラトのトレモロ・ユニットを改良して
ポール・リード・スミスが考案したもので、
低い摩擦係数のナットとロッキング・ペグで
チューニングの狂いを防いでいます。あまり狂わず素晴らしい!
フローティングもされています。



PRSの個性的な機能、ロータリー5WAY スイッチ
フロントとリアのシングルをMIXさせ多彩なサウンドです。
(Customのコントロール図)
PRS-5ways

これとは別にトグルスイッチ・モデルがあるのですが、
意外や、トグルスイッチ・モデルの方が
サウンドバリエーションはさらに多彩なようです!

Tone push
1: フロントハムバッキング
2: フロントハムバッキング+リアハムバッキングの並列
3: リアハムバッキング
Tone pull
1: フロントシングル
2: フロントシングル+リアシングルの並列
3: リアシングル




PRS-5_s

目の詰まった硬めの良質のマホガニーが使われています。
ボディの鳴りも良く艶のあるトーンです。


全体の塗装は、極薄のポリウレタン系塗料です。
2012年仕様からV12フィニッシュに変わり
アクリルとニトロセルロースを配合し改良されました。

PRS-6_s

サイドポジションは光に反射しやすいアルミニウムを使用

ヒール
「Custom22」はヒールが大きくネックが太いです。
「Custom24」演奏性重視だがネックが長くて細い分、振動しやすく
弦振動を吸収してしまいサスティーンや低音が弱いそうです。



ポール・リード・スミスは
キルトやカーリーのメイプルトップとそのカーヴィング形状や、
鮮やかな色などがとてもキレイで、
実物を見るとあまりの美しさに魅了されます。


機能的にもチューニングが安定したトレモロ・ユニットや
ピックアップのサウンドのバリエーションなど
一本持つと、また次の一本と深みにハマリそうな素晴らしいギターです ^^


倖田來未 & Orianthi - 人魚姫 

オリアンティが弾くPRS Custom24
これぞロック・ギターリスト~って感じのクールなプレイ♪



PRS本・・現在、完売してます。
訪問者数
アクセスランキング
音楽
207位
ギター
8位

  ↓ ↓  ポチッと一押しお願いします (^◇^)/

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

-アクセスランキングを見る-
プロフィール

リッチーエリックボーン・ペイジリックス

管理者:リッチーエリックボーン・ペイジリックス
ハードロック~ブルース、
生々しい70'sロックサウンドが大好きです。
1965年製 ヾ(^∇^)

ブログ更新カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
過去のブログ 分類
PB100 (1)
KAY (1)
SONY (7)
楽天市場
最新記事一覧
最新コメント一覧
私が欲しい 本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
にほんブログ村

ブログ内キーワード検索

Instagram
Twitter
リンク
私が欲しい Blu-ray DVD & CD ギター

 <発売中!>

<パープル 12/2発売>

<ストーンズ 12/2発売>

<クラプトン 9/30発売>

<ジミヘン 9/30発売>

< LED ZEPPELIN>

私の気になる etc...
このブログの人気ページ
Visitors
free counters