スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gibson 61年 と 62年 のネック


ギブソンの幅広の薄ネックと言われる61年について、
62年のネックと比べてみました。




ES-SG-1

比較するのはこの2台です。

ES-330 1962年
SG Special 1961年




ES-SG-2

ナットの方からネックを重ね合わします。

指板の長さは同じですが、カッタウェイの位置はこれだけ違います。


これだと、さすがに演奏性が違ってきますね。




ES-SG-3

《 結果 》

ネックの幅や厚みは、全体的にほぼ同じでした。

この薄いネック、弾いてるとすぐに慣れてくるんですが、

59年タイプへ持ち変えると丸太のように太く感じます。

再度61年タイプに持ち変えると、非常に薄く感じます。




SG_SG

ヒスコレSGのスリムテーパーネックにも似た握りです。


サウンドの方はSG得有の(無難な)いい音ですが、

 オールド限定ですが、

 フロントがコモリ気味の抜群の「ウーマントーン」で、

 ずっと弾いていたい音です。

ヒスコレ・ヴァイブローラ付の方は、高域が出てロックなトーンで凄くいいです!



私的には、薄ネックは慣れの問題だけで全く問題ありません。

薄い分、弾き易くなっております。


スポンサーサイト

Gibson SG Special 1961 Conversion


新入りさんです

1961年製 初年度 ギブソン SG スペシャル

のコンバージョンです 


61年は、SG初年度になります。

55年前のギター・・・ちょっとお疲れ気味ですがまだまだ現役





SG_conv_1

コンバージョンと言っても、SG スペシャル色が色濃く出てます。


  ピックガードがスペシャルのままで、

  指板のポジションもドットです。

  スタンダードと木材の仕様が同じでお買い得です。





SG_conv_3

ボディ裏のアップ

  ネックは、幅広で薄く平べったい印象

   ヒスコレのSGよりも幅広で薄いケド、

   慣れれば、問題なく良い感じ 





SG_conv_4

ヒールの加工は、まるでスルーネックのようです。

  = 61年頃の特徴 =





SG_conv_6

指板はハカランダですねぇ

  オイルを塗ると杢目が浮き出てきます





SG_conv_5

キャビティはピックアップ配線以外、オリジナルです。





SG_conv_2

レスポール エイジジドと共に...

  エイジドの方が色が薄い!



SGはイマイチ人気がありませんが、

  とっても良いギターです



ビンテージギターと投資


ビンテージギターって、すごく高いですよね。

人気のあるものは100万円以上です。

普通の健全な人は、お金があってもまず敬遠します。




人気機種のビンテージギターは、

アメリカが相場を支えています。

今後、物価が上がったり、中国人などが手にすると

さらに高騰するかもしれません。

すると益々、我々の手の届かない価格になります。

もちろん、その逆もあります。

(本物ゼマイティスはかなり価格が下がってます。欲しい人は狙い目)




ビンテージは当面の間は、持ち続けても価値は続くと思うので、

手放す時、状態が良ければ、最悪でも半値以下には成らないと思います。

株投資なんか、1ケ月で半値以下なんてザラにあります。

200万円の自動車でも、10数年でほぼ価値は無くなってしまいます。





『元本保障の無い』 一時払い生命保険の様なものと考えてはどうでしょうか?

今、コツコツ貯金しても、元本保証のみで金利はほぼありません。

『俺が死んだら、売ってくれ・・・』




・・・・??? と、

そんな、都合のいい家族へのいい言い訳を考えながら(笑)




円高になると、いつもの病気が発生し、

ビンテージを探してみたい気分になります。



LP53-160901




ABR-1 オールド と 現代 の 比較




abr-1-2

もう、使い古されたネタで皆さんご存じだとは思いますが・・・

ABR-1 または Tune-O-Maticと言う名前の
ギブソンのブリッジについて、

カスタムショップ 2013年 の ES-335 と、
オールド 1962年の ES-330 で比べてみました。



abr-1

上が1962年製
下が2013年製

ちょっと撮影が下手で分かりにくいのですが、
1962年製の方は角を面取りして丸めてあります。
2013年製は角張っていて、省略されています。


オールドは細かい所まで手作業で配慮されていて、
カスタムショップの方はコストダウンされています。

どうでもいい部分かも知れませんが、

楽器職人の手作業でのこだわりの時代と、
現代の大量生産と効率化の時代の差ですなぁ~

いったん面取りして、後からメッキを掛けるので、
まぁ、昔はひと手間掛けたり、凄いなぁ~と思います。



(マニアックなパーツとして、再現パーツは販売されています)





※ このオールドのABR-1は、まだノンワーヤー期のもので、
   弦交換の時、サドルがすぐポロッっと落ちて紛失しそうになります^^;




PRISMA が凄い!



PRISMAと言うアプリで、写真がアートに。

絵が描けなくても、だれでも簡単にアートが作れます。


LES53




artlp53-2




ダイ3




living-2




個人的には、感動と、業界に衝撃です。

MSQRDのように、フェースブックから買収の噂があります。

人工知能を使っているとか・・・

時代は進化して行きますね~



訪問者数
アクセスランキング
音楽
207位
ギター
8位

  ↓ ↓  ポチッと一押しお願いします (^◇^)/

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

-アクセスランキングを見る-
プロフィール

リッチーエリックボーン・ペイジリックス

管理者:リッチーエリックボーン・ペイジリックス
ハードロック~ブルース、
生々しい70'sロックサウンドが大好きです。
1965年製 ヾ(^∇^)

ブログ更新カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
過去のブログ 分類
PB100 (1)
KAY (1)
SONY (7)
楽天市場
最新記事一覧
最新コメント一覧
私が欲しい 本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
にほんブログ村

ブログ内キーワード検索

Instagram
Twitter
リンク
私が欲しい Blu-ray DVD & CD ギター

 <発売中!>

<パープル 12/2発売>

<ストーンズ 12/2発売>

<クラプトン 9/30発売>

<ジミヘン 9/30発売>

< LED ZEPPELIN>

私の気になる etc...
このブログの人気ページ
Visitors
free counters