スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fender Deluxe Amp 5E3 1958年製

新入りさんです 

delude-1

ずっと前から気になってた ツィード デラックス 海外より入国

とにかく、見た目がかっこいい! 

もう、それだけで充分です。





delude-2

以前、チャンプは所有していたけど、これは音に余裕があります。

回路は2年間だけ採用されたPK分割時代のもの

重量も思ってたよりも軽いです。(それでもそこそこ重いかな)





deluxe-82

上部 ハンドルはオリジナル





delude-3

この年代特有のMODEL名のプリントミスがあります。

5F6(ベースマン) では無く 5E3(デラックス)が正解





deluxe-83

バックパネルを外したところ

整流管を5Y3から他へ交換するとヘッドルームが大きくなり

 コシが出るそうなのでやってみよう





deluxe-81

回路は青い電解コンデンサ以外はオリジナル

ノイズも少なく、ラッキーでした。

スピーカーは年代違い1960年の P12R に交換されています。





deluxe-9

肝心のサウンドは、独特の太く潰れた歯切れのいい歪が最高です。

ツイード系のペダルとの相性が抜群で、素晴らしいサウンド♪

病みつきになるのも解ります。と言っても、家の音量では歪みません。 


音量を上げて行くと、張りのあるクリーンが素晴らしい。

結構な音量・・・それでも、家ではまだ歪みません。。。 

ただ、ツイードは他のアンプとは勝手が違いますね~

クリーンブースターで少し倍音を乗せようと、これが難しいです。

倍音だけ乗せたいのに、歪んでしまいます。

マーシャルの方が楽だな。。。

まだ慣れないので、ちょっと手ごわいアンプですが、  

真空管を変えたり、これから、楽しめそうです 



スポンサーサイト

Noel Cornet revu


新入りさんです 



noelcornet

Noel Cornet revu というエフェクター


国産ハンドメイド
ビッグ マフ 系 の ファズ です。
今風の かっこいい音が鳴り、 これは自分好みです。


第一印象は、
ディストーション寄りサウンドで けっこう歪みます。
つまみでファズの音のブレンド具合も調整できる感じです。
トーンや歪み具合の幅も広く調整できて、
音に芯があるので、とても実用的。


これの上位バージョンもあるので弾いてみたくなりました。
ただ、残念ながら今は製造していないようですので
機会があったら試したいです。










Epiphone Coronet Tamio Okuda 2015年製

新入りさんです

エピフォン コロネット 奥田民生モデルです。


coronet




スペックが良さげで、  ポチリました 



奥田民生さんの所有する1964年製 エピフォン・コロネットを2PU仕様で再現




coronet2


スペックも、なかなかのもので、

 ・アフリカン・マホガニー 1Pボディ ネック
 ・牛骨オイル漬け ナット
 ・P-90 USA製
 ・ジャンボフレット
 ・スイッチクラフト・スイッチ
 ・塗装 ニトロセルロース
 ・CTS ポット
 ・ニッケル パーツ
 ・ゴトー製 3連ペグ
 ・ダダリオ弦 EXL-110 10-46
 ・ヴィンテージタイプ 専用オリジナルハードケース
 ・日本製





coronet-3

届きましたー

 ネット購入なので、どうなのか、結構 ドキドキでした 

  想像以上に良いです。 全体に高級感があります。

  弦高や真直ぐなネックの精度が高く、ネックの接着も重厚で、

  全体のしっかりとした造りに安心感があります。

  剛性があり、牛骨ナットもしっかりしてて

  ネックとボディ全体で良く鳴ってます。



coronet-4








Selmer Truvoice Treble N Bass Fifty Crocodile Skin 1964年製


新入りさん 

セルマーの50wヘッドアンプ 1964年製


昭和39年に、こんなカッコイイアンプあったんですね~

時代的には「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」の時なのですが・・・



selmer-1


アンプでは爬虫類系のカバーリングの元祖かも知れません。

このクロコダイルは1963年から1965年のみ生産の一番人気機種

エルメスなどのバッグの様に高級感を狙ったのでしょうか?


ギター用とベース用のインプットジャックがそれぞれあります。



selmer-2

回路は、ECC83 x 4 EL34 x 2 GZ34 x 1

    フェンダーベースマンが基になっています。

    サウンドはマーシャルのJTM系です。

    まだ、ちゃんと鳴らしていませんが・・・・




selmer-3







ストラトのスクリューで音が変わる


カスタムショップのストラトの音が

オールドと比べるとちょっとペンペンしてるなぁ~

どうにかならないものかなと思っていたのですが、

「ネックのスクリューは締めすぎてはダメ」 と言うのを思い出しまして、



neck

試しに (黄色のネジを) ほんの1mm緩めたら、あら 不思議・・・

ストラトらしいオイシイ部分が出てきて

かなり音が良くなりました


※ 弦高も変わってしまうので、サドルの高さ調整も必要です。



ストラトって調整が難しい。




訪問者数
アクセスランキング
音楽
120位
ギター
6位

  ↓ ↓  ポチッと一押しお願いします (^◇^)/

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

-アクセスランキングを見る-
プロフィール

リッチーエリックボーン・ペイジリックス

管理者:リッチーエリックボーン・ペイジリックス
ハードロック~ブルース、
生々しい70'sロックサウンドが大好きです。
1965年製 ヾ(^∇^)

ブログ更新カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去のブログ 分類
PB100 (1)
KAY (1)
SONY (7)
楽天市場
最新記事一覧
最新コメント一覧
私が欲しい 本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
にほんブログ村

ブログ内キーワード検索

Instagram
Twitter
リンク
私が欲しい Blu-ray DVD & CD ギター

 <発売中!>

<パープル 12/2発売>

<ジミヘン 9/30発売>

< LED ZEPPELIN>

私の気になる etc...
このブログの人気ページ
Visitors
free counters