ストラトのスクリューで音が変わる


カスタムショップのストラトの音が

オールドと比べるとちょっとペンペンしてるなぁ~

どうにかならないものかなと思っていたのですが、

「ネックのスクリューは締めすぎてはダメ」 と言うのを思い出しまして、



neck

試しに (黄色のネジを) ほんの1mm緩めたら、あら 不思議・・・

ストラトらしいオイシイ部分が出てきて

かなり音が良くなりました


※ 弦高も変わってしまうので、サドルの高さ調整も必要です。



ストラトって調整が難しい。




Gibson 61年 と 62年 のネック


ギブソンの幅広の薄ネックと言われる61年について、
62年のネックと比べてみました。




ES-SG-1

比較するのはこの2台です。

ES-330 1962年
SG Special 1961年




ES-SG-2

ナットの方からネックを重ね合わします。

指板の長さは同じですが、カッタウェイの位置はこれだけ違います。


これだと、さすがに演奏性が違ってきますね。




ES-SG-3

《 結果 》

ネックの幅や厚みは、全体的にほぼ同じでした。

この薄いネック、弾いてるとすぐに慣れてくるんですが、

59年タイプへ持ち変えると丸太のように太く感じます。

再度61年タイプに持ち変えると、非常に薄く感じます。




SG_SG

ヒスコレSGのスリムテーパーネックにも似た握りです。


サウンドの方はSG得有の(無難な)いい音ですが、

 オールド限定ですが、

 フロントがコモリ気味の抜群の「ウーマントーン」で、

 ずっと弾いていたい音です。

ヒスコレ・ヴァイブローラ付の方は、高域が出てロックなトーンで凄くいいです!



私的には、薄ネックは慣れの問題だけで全く問題ありません。

薄い分、弾き易くなっております。


Gibson SG Special 1961 Conversion


新入りさんです

1961年製 初年度 ギブソン SG スペシャル

のコンバージョンです 


61年は、SG初年度になります。

55年前のギター・・・ちょっとお疲れ気味ですがまだまだ現役





SG_conv_1

コンバージョンと言っても、SG スペシャル色が色濃く出てます。


  ピックガードがスペシャルのままで、

  指板のポジションもドットです。

  スタンダードと木材の仕様が同じでお買い得です。





SG_conv_3

ボディ裏のアップ

  ネックは、幅広で薄く平べったい印象

   ヒスコレのSGよりも幅広で薄いケド、

   慣れれば、問題なく良い感じ 





SG_conv_4

ヒールの加工は、まるでスルーネックのようです。

  = 61年頃の特徴 =





SG_conv_6

指板はハカランダですねぇ

  オイルを塗ると杢目が浮き出てきます





SG_conv_5

キャビティはピックアップ配線以外、オリジナルです。





SG_conv_2

レスポール エイジジドと共に...

  エイジドの方が色が薄い!



SGはイマイチ人気がありませんが、

  とっても良いギターです



ペダルボード Temple Audio Design TRIO21


円高の波に乗って、ペダルボードを購入しました。

(イギリス離脱の件で、
    再度、対ドル90円台トライと予想)


エフェクターを出したり仕舞ったり面倒なので、
  これがあれば、出しっぱなしに出来るかなと・・・


オフィシャルサイト(カナダ)からの購入です。
 本体はシンプルですが、$99と安いです。
  支払いは Paypal か カード決済


注文すると、当日出荷で、
 カナダ → ナッシュビル → アラスカ → 関空 を経て
  3日で届きました!
   Fedex 西濃 凄いです。



それが、コレ
temple-1

箱は二重梱包で安心



temple-2

中身も無事です。

   大部分がスチール(鉄製)



temple-4

オプションは、
  LED、バックパネルブラケット、パワーサプライブラケット



temple-3

LEDは安かったので、お遊びで注文しました。

サイズは色々あって、これは、 TRIO21
 中間サイズです。



temple-5


パワーサプライもオプションで固定できます。





天板が鉄板?なので、ゴム系かクッション物で固定しないと
 エフェクターはズリ落ちますが、コストパフォーマンスは
  よいのではないかと思います。


66年のストラト ようやく リフレット しました。


長年 放置していた

66年のストラトをリフレットに出して、帰ってきました




refret

今回は、ナット&フレット交換、指板調整です。


・指板調整
  仕方のないことですが、表面を平らにするので、
     レリックな雰囲気は完全に無くなりました

  そして指板は、インディアンローズウッドが確定・・・


・ナットは牛骨で (60年代前半仕様)


・フレットはカスタムショップでよく使われる
  無難にジムダンロップ6105 (ミディアムジャンボ) 弾き易い
  でも、ビンテージタイプでもいいかも


・弾き心地
  抜群です! カスタムショップかと思うくらい弾き易い。
  長年弾いてきたので66年のネックシェイプは最高です


・鳴り
  ナット、フレットの摩耗のため、イマイチな部分もあったのが、
  交換によりビンビン鳴るようになりました。


・サウンド
  明瞭、ブライトで元気な張りのあるサウンドに。
  66年ピックアップ、パワーあるロックテイスト


・カスタムショップTeamBuiltCustomと比べて・・・
  ビンテージの上を見たらきりがないですが、
  この66年、サウンドは申し分ないです。

  TBC・・・結構いい線行ってます! サウンドも近い感じ
  ただ、比べると少し不満のあるサウンドです。

  不満とは・・・、66年は音の加工が不用としたら、
  TBCは気に入るように音作りがひと手間必要です。
  その差かなと、・・・




66refret

結論

ビンテージ・ストラトをリフレットすると
  新品のようにメインギターとしてバリバリ使えます。

フレット交換したことで、
  手持ちのカスタムショップは不要かな?って感じです。
  というか、同等スペックを所有する意味がなくなります。

フレット交換で、指板の寿命は縮んだ事になる。


訪問者数
アクセスランキング
音楽
210位
ギター
8位

  ↓ ↓  ポチッと一押しお願いします (^◇^)/

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

-アクセスランキングを見る-
プロフィール

リッチーエリックボーン・ペイジリックス

管理者:リッチーエリックボーン・ペイジリックス
ハードロック~ブルース、
生々しい70'sロックサウンドが大好きです。
1965年製 ヾ(^∇^)

ブログ更新カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
過去のブログ 分類
PB100 (1)
KAY (1)
SONY (7)
楽天市場
最新記事一覧
最新コメント一覧
私が欲しい 本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
にほんブログ村

ブログ内キーワード検索

Instagram
Twitter
リンク
私が欲しい Blu-ray DVD & CD ギター

 <発売中!>

<パープル 12/2発売>

<ストーンズ 12/2発売>

<クラプトン 9/30発売>

<ジミヘン 9/30発売>

< LED ZEPPELIN>

私の気になる etc...








[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Lovepedal Champ
価格:22464円(税込、送料別) (2016/11/24時点)




サウンドハウス FFM3 Fuzz Face Mini Hendrix
Fuzz Face Mini
サウンドハウス
9,980円

ピザハットオンライン

クロックス オンラインショップ

≪公式≫エディー・バウアー オンラインストア

サウンドハウス  iTunes Music Store(Japan)



Sony Music Shop

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

Sony Style(ソニースタイル)
このブログの人気ページ
Visitors
free counters